築170年の「古民家カフェかつやま」で楽しむ本山茶【静岡県・本山茶】

OCHA TIMES
築170年の「古民家カフェかつやま」で楽しむ本山茶【静岡県・本山茶】

静岡駅から車で40分ほどの距離にある安倍川・藁科川流域の本山茶産地に「古民家カフェかつやま」があります。お茶の栽培から製茶まで一貫して行っている「かつやま製茶」が170年前の古民家をカフェに改築し運営しています。「古民家カフェかつやま」では30年以上に渡って自園自製のお茶作りをしてきた「かつやま製茶」の本山茶を水見色の豊かな自然に囲まれながら楽しめます。

この記事では「古民家カフェかつやま」の経営理念や水見色でのお茶作りについて、かつやま製茶代表の勝山壽夫(かつやまひさお)さんのインタビューも交えてお伝えしていきます。

古民家カフェかつやまとは

「古民家カフェかつやま」とは静岡県水見色の山中にある古民家カフェ。茶栽培から製茶まで一貫して行っている「かつやま製茶」が170年前の古民家をカフェに改築し運営しています。

部屋は大部屋から小部屋まであります。夏は高山地ならではの冷たく澄んだ風が心地よく避暑地として人気です。冬はストーブや火鉢でノスタルジックな雰囲気で暖をとれます。

歴史ある古民家ならではの温かみのある木造の広間。都会の喧騒から離れて、ゆったりとした静かな時間に浸れます。

2階にもある休憩部屋。都会では滅多に見られない作りの天井を見上げると、まるで田舎に帰ってきたかのように懐かしい気持ちにさせてくれます。

カフェの直ぐ近くにあるドッグランも「かつやま製茶」の手作り。

家族連れや犬連れの方が縁側でくつろぎながら癒しのひとときを過ごせます。

古民家カフェかつやまのお茶・カフェメニューの紹介

「古民家カフェかつやま」では、30年以上に渡って自園自製のお茶作りをしてきた「かつやま製茶」の本山茶の購入やカフェメニューを楽しめます。

右側にある受付・販売店でお茶の購入やカフェメニューの注文が出来ます。棚にはかつやま製茶の希少な手摘み茶から、ティーバッグや紅茶まで様々な種類のお茶が並んでいます。


カフェメニューは旬の季節の食材と併せての提供になるので、その時々によって変わることがあります。

注文を済ませたら、奥にあるイートインスペースに向かいます。席に座り寛いで待っていると、注文したメニューが来ます。

「極上やぶきた」とぼたもちセット

山のお茶ならではの、山吹色の水色。確かな旨味と鼻に抜ける香りのバランスが素晴らしく、手作りの(きな粉とつぶあん)ぼたもちがお茶にとても良く合います。



「大井早生」と干し柿とマーマレードセット

大井早生(おおいわせ)ならではの爽やかな香味は、ヨーグルト付きの干し柿とマーマレードとの相性も良い。


山の紅茶(アイス)と干し柿とマーマレードセット

暑い季節はキンキンに冷えた紅茶と高山地の冷たい風で心地よく涼を取れます。干し柿の甘酸っぱさが紅茶にとても良く合います。

「極上やぶきた」とぜんざいのセット

提供されているお茶は、三煎目までは通常の飲み方で頂き、四煎目は玄米を加えて玄米茶として楽しむことが出来ます。



他にもランチの提供もしています(要事前予約)

「天然酵母パンセット」「おにぎりセット」、ジャムやパンなど様々なランチメニューも提供しています。


インタビュー:水見色の風景や茶畑をゆっくりと楽しんで欲しい

かつやま製茶代表の勝山壽夫(ひさお)さんにお話を聞かせていただきました。


–「古民家カフェかつやま」について教えてください。

築170年の古民家を私がカフェに改築しました。「古民家カフェかつやま」は決して自己満足に陥ってはならないという経営理念のもとでやらせていただいています。お客さんに「古民家カフェかつやま」を楽しんでもらえているかどうか、しっかりと観察、確認していくことが大切だと思います。

▲古民家を再生し、カフェとして蘇らせた勝山さんの手腕は高い評価を受けている。

–ドッグランについて教えてください。

近隣の耕作放棄地を何かに利用できないかと考えたところ、思いついたのがドッグランなのです。空き家は親しい方のをお借りして、整地は全て自分達で行いました。ドッグランは無料で開放しているので、そちらも是非利用して楽しんで頂きたいですね。

▲ドッグランは資材調達から全て勝山さんの手作り

–お茶だけでなく、おはぎ、干し柿などの食材もとても美味しく感じました。こういったメニューはどのように作られているのですか?

メニューは全て自分達で作っています。おはぎ、干し柿、ヨーグルト、生姜も全て自家製。食材も基本的に水見色産のみ使います。たまに、よその地方の農家から分けてもらった農産物を使う事もあるけれどね(笑)



–かつやま製茶のお茶作りについて教えてください。

現在、かつやま製茶では自園自製のお茶作りをしています。私は二十歳のころからお茶作りを始めましたので、もう三十年以上お茶を作り続けていることになります。同級生には森内茶農園の森内 吉男さんがいますよ。


▲かつやま製茶では緑茶から和紅茶まで作っている

静岡の山間の茶畑は基本的に斜面が多い。傾斜の農地で自然相手に仕事をするのは本当に大変です。冬になると山間は特に冷え込みます。

もし茶畑に霜がおりたりしたら、芽が潰れてお茶が駄目になってしまうから、霜を防ぐ為に、プロペラで茶畑に温かい空気を送りこんでいるのです。そうして茶畑に霜がおりるのを防ぐようにしています。

▲霜を防ぐために茶畑に設置されているプロペラ

–水見色の風景や茶畑といった自然に囲まれて飲むお茶は本当に美味しいと思います。

お茶を淹れている水のおかげもあると思いますよ(笑)。本当に美味しいお茶を飲みたいというのであれば、そのお茶を作った所の水でお茶を飲むのが一番ですから。

–そういうところは日本茶と日本酒は似ていますね。日本酒も酒を作った所の水を「和らぎ水」としてチェイサー代わりに飲むことが勧められています。

そう、不思議なことだよね(笑)

古民家カフェかつやま

中国では、ちゃんとお茶を淹れて休む時間をとることがカッコイイ文化として認められている。日本とは生活スタイルの違いや時代の変化もあるのかもしれないけれどね。休む時は時間をかけてしっかりと休む。生活する上でそうすることは私は大切だと思う。

和室、縁側、庭、どこでもお客さんの好きな場所を選んで、自由に寛いでいただきたいですね!

古民家カフェかつやまの情報・購入方法

住所 〒421-1313 静岡県静岡市葵区水見色1290
ホームページ https://mizumiiro.p-kit.com/

(↑古民家カフェ かつやまのホームページ

ネットでかつやま製茶のお茶を購入出来ます)

電話番号 054-279-0024
電子マネー・カード決済 カード対応済み
営業時間 かつやま製茶 9:00 ~ 17:00
(火~日曜日)古民家カフェ 10:00 ~ 16:00
(土・日)
定休日 不定休
駐車場 あり
アクセス  JR静岡駅からは、市内を流れる安倍川に架かる安西橋を渡り、国道362
号線を藁科川沿いに北西方向へ約10㎞、その間、トンネルを2つ通り抜け
数百メートル、2つ目の信号を右折。 (JA中藁支店前の信号)
水見色川沿いに上ること4㎞。水見色小学校を目指してください。
小学校を通り過ぎ、直進500mほどで十字路があります。
バスの終点、水見色です。この十字路を左折、180m上る

関連記事