おさだ苑の次世代へお茶を広める為の自園抹茶と発酵茶【静岡県・周智郡森町】

OCHA TIMES
おさだ苑の次世代へお茶を広める為の自園抹茶と発酵茶【静岡県・周智郡森町】

静岡県周智郡森町のお茶は「森の茶」と呼ばれています。「森の茶」の特徴は静岡県西部で主流の深蒸し茶に山間地の中蒸し茶を合組(ブレンド)し、深蒸し茶のコクと山のお茶の香りを感じられることです。今回取材させて頂いたおさだ苑は自園の碾茶茶園で作られる抹茶「野乃」と独自ブランドの有機発酵茶「山吹撫子」を次世代にお茶を広げていく手段の一つとして掲げています。

この記事では、おさだ苑が注目している発酵茶や静岡県西部の茶業界の現状について、おさだ苑専務の長田夏海さんのインタビューも交えてお伝えしていきます。

おさだ苑とは

おさだ苑は昭和23年創業の製茶問屋です。お茶を気軽に楽しめるカフェメニューや、お茶を知る入口になるような商品が豊富に取り揃えられています。


おさだ苑のお茶は静岡県産にこだわっており、店にあるお茶は静岡県産のみ。煎茶は地元森町産のお茶になります。

入店時にお茶とお菓子のサービスがあります。森の茶の味は濃いと言われていますが、旨味の中に渋味も若干残っており飲み応えがあります。

お茶に限らず飲み物は、飲み口によって味や香りが変化します。おさだ苑では最適な形で飲んでいただきたいとの心遣いから、必ず陶器の器でお茶を出します。(※コロナ対策や、大人数の場合などは器の個数の都合上、プラスチックの器で提供する事もあります)

▲店内では茶香炉が焚かれており、お茶の良い香りが漂っています。

▲天井は吹き抜けになっていて開放的です

おさだ苑のカフェメニュー

おさだ苑では、静岡県西部森町のお茶や自園の抹茶「野乃」を中心としたカフェメニューを提供しております。ここではその幾つかを紹介します。


抹茶セット

おさだ苑の自園の碾茶茶園で作られる抹茶「野乃」は、毎日店内の石臼で挽いて作っており鮮度が高く色鮮やかな緑が美しい、とても飲みやすい抹茶です。


野乃づくし

アイスに抹茶ソースをかけて、より濃厚な味わいが楽しめます。甘いものを食べた後はティーバッグの森の茶で口の中がスッキリとします。



抹茶レモンスカッシュ

爽やかなレモンの果実味、控えめな甘さ、お茶の風味の3つがうまく合わさっています。


イートインスペースは店内と店外にあります。外から見ても目立つお洒落な赤い傘の下が店外のイートインスペースになります。


日本酒で有名な「静岡酵母」とも繋がりのある発酵茶「山吹撫子」

おさだ苑の発酵茶「山吹撫子」は、日本酒でも有名な「静岡酵母」の生みの親である、河村傳兵衛氏により開発された「微生物制御発酵法」という製法で作られています。農薬、化学肥料は一切使用していません。

(※静岡はもともと2流酒や3流酒を作っていたのですが、河村傳兵衛氏が生み出した「静岡酵母」によって磯自慢や喜久酔という有名な日本酒が生まれました。静岡の日本酒の知名度高まったのは、この酵母のおかげと言われています。)

▲山吹撫子は様々な賞を受賞している

「微生物制御発酵法」とは簡単に言うと、お茶に微生物を植えて発酵させる製法です。この製法で作られたお茶には、新型ポリフェノール「テアデノールA」、「没食子酸」、「クエン酸」など健康に役立つ成分が含まれています。

この発酵技術を静岡県内の3社、おさだ苑、カネマツ製茶、荒畑園がライセンス所有しており、それぞれのブランドとして発売しています。

山吹撫子は口当たりが柔らかくスッキリとしており、香味はプーアール茶を思い起こさせます。

抹茶や煎茶という分野では、ライバル会社との価格競争になってしまい最終的には大量製造でコストを下げる中国産との競争に繋がります。そうした事態を避ける為の独自の手段のひとつとして、おさだ苑は発酵系のお茶に力を入れています。

インタビュー:次の世代がお茶を作ろうと思えるようにしたい

おさだ苑専務の長田夏海さんにお話を伺いました。


コロナの影響は

–おさだ苑ではコロナの影響はあったのでしょうか?

緊急事態宣言後は、売上が前年の半分くらいで推移、解除後は徐々にお客様が戻ってきました。おさだ苑では通信販売でお茶を購入されるお客様と来店して購入されるお客様がおります。

今回のことで来店するお客様は減りましたが、一方で通販は増えました。今までお茶を購入しに来店していただいた方が通販に切り替えられたという印象です。最終的な売り上げは前年とそれほど変わっていないと思います。

–輸出の方はどうでしたか?

おさだ苑では輸出も少しやらせていただいていますが、データで見る限りでは全体的にアメリカへの輸出は増えているようです。アメリカでは主に抹茶などが健康食やスーパーフードとして受け入れられており抹茶を中心に輸出しています。アメリカにはアジア系の人も多くいますしね。

コロナで流通が滞りアメリカの抹茶の在庫が減ってきたというのも理由としてあると思います。国際情勢ではアメリカと中国との間で貿易摩擦もあり、中国産から日本産の抹茶に切り替えるような動きもあります。


玉露や旨味系のお茶の人気が高い欧州への輸出に関しては、まだコロナが収束していないので現時点では止まっています。

おさだ苑の考えるお茶の広め方とは

–おさだ苑の考えるお茶の広め方を教えてください。

これからのお茶を広めていく入口として、お茶をドリンクで提供していくということは必須だと思います。まずドリンク、ティーバック、そして粉末茶での提供という順番になるかと思います。

出来れば茶葉を購入していただきたいのですが、茶葉を購入して自分で淹れるというのは粉末茶の更に先の段だと思います。いきなり茶葉でというのは難しいでしょう。まずは、そこまでの入口を作ってあげる必要があると思います。

▲おさだ苑にはお茶の入口にもなるような商品が数多く並んでいます。

お茶をドリンクとして提供することで一杯当たりの利幅も大きくなります。ドリンクに使用する茶葉の価格帯は100g500円あたりが主流になるでしょう。
(例えば100g500円の価格帯の茶葉5gからお茶一杯分のドリンクを抽出し300円で売るとすれば、ドリンク20杯分作れるので売り上げは合計で6000円になります)

しかし、この方法だと少量のお茶で利益の確保が可能なので、茶葉全体の需要の減少、少ロット化、原価の下降に繋がってしまいます。

今年の森町の荒茶の平均単価がキロ3000円くらいです。袋井で1800円。磐田だと1500円。森町の荒茶の平均単価は磐田の倍ほどの値段ですが、その森町の茶価でさえも農家さんが生産を続けていくには低過ぎるというのが現状です。

当然ですが、茶価が低くなるほど農家さんには利益が還元されなくなり生産者が減っていきます。森町も傾斜地から荒廃茶園が増え続けています。生産者が減ると供給量が減ります。

今はまだ十分な量が茶市場に流通していますが、全体として供給されるお茶の量が少なくなっていけば、やがて今度は欲しくても手に入らない状態になり、我々問屋が農家さんから荒茶を買い入れる際の原価が上がっていくでしょう。

このままの状態で需要が減り続けて、やがて供給量までも減っていくとなると、最終的に「売れないものなのに原価が高い」という本当に最悪な状況になってしまいます。そうならない為にも私達は次世代がお茶を作ろうと思うような業界にしないといけないと思います。

–次世代というと最近では新しいお茶のスタートアップ企業が続々と動き出しています。長田さんはどのように感じていますか?

若い人にお茶に注目してもらえるだけでも有難いと思います。事実、お茶業界は私が入った時から斜陽産業みたいな流れでした。若い人たちはお茶の見せ方など非常に斬新ですし、彼らの活躍によりマスコミも通じてお茶は広まるでしょう。

▲株式会社tea roomが開発に携わった日本茶の生葉を使用したジンは話題になった。

おさだ苑の情報・購入方法

住所 〒437-0215 静岡県周智郡森森1522−1
ホームページ https://www.osadaen-honten.com/

(↑ホームページから購入も出来ます)

電話番号 0538-85-1500
電子マネー・カード決済 対応済み
営業時間 8:30~18:00
定休日 年中無休※元旦のみ休業
駐車場 あり
アクセス 新東名森掛川ICより車で15分

関連記事