しずチカ茶店一茶は静岡市のお茶屋の熱意が託されたお茶屋【静岡県・静岡市】

OCHA TIMES
しずチカ茶店一茶は静岡市のお茶屋の熱意が託されたお茶屋【静岡県・静岡市】

茶処静岡県の中でも静岡市は最も古いお茶の歴史があり、お茶と共に発展した都市でもあります。そんな静岡市静岡駅北口地下広場に店を構える「しずチカ茶店一茶」には、静岡市内にある約50軒のお茶屋の丹精込めて仕上げたお茶が一堂に集っています。店内に陳列されているお茶は全て500円という特別価格。またお茶を熟知したスタッフが淹れてくださるカフェメニューは手軽に本格的な静岡茶が楽しめると人気です。県内外から多くの人が訪れており、まさに静岡市のお茶屋の窓口といえます。

この記事では、しずチカ茶店一茶のお茶の届け方やカフェメニューの魅力について、しずチカ茶店一茶の統括責任者であり、これまでに日本茶インスタラクター協会理事や世界緑茶協会評議員を務めた経歴を持つ大塚喜美江さんのインタビューを交えてお伝えしていきます。

しずチカ茶店一茶とは

しずチカ茶店一茶とは静岡駅北口地下広場にある日本茶カフェです。静岡茶商工業協同組合が運営しており、しずチカ茶店一茶では組合に加盟している約50社のお茶屋の丹精込めて仕上げたお茶が特別価格500円(税込み)で販売されています。

特別価格であるのは勿論のこと、一般的に静岡市内のお茶屋のお茶がこうした形で一堂に集うということはまずありません。


暑い夏は水出しやティーバッグ、秋は蔵出し熟成茶、4月5月にはその年の新茶が陳列されます。春には桜をモチーフにしたパッケージで彩り季節感を演出するなど、ただお茶を売るだけではなく随所に静岡茶のブランド価値を上げる工夫が施されています。

しずチカ茶店一茶のカフェメニュー

静岡市内にある約50社のお茶屋のお茶を一堂に集めて販売すること自体が希少な取り組みのですが、しずチカ茶店一茶では、それぞれのお茶をカフェメニューとして提供もしています。こうしたシステムのお茶カフェは全国でもほとんど見かけることはありません。

ここでは、しずチカ茶店一茶のカフェメニューを少しだけご紹介します。

一茶セット

しずチカ茶店一茶に集った約50種類のお茶の中から3種類のお茶をそれぞれお茶菓子または上生菓子と一緒にいただく呈茶セット。急須で淹れた本格的な静岡茶を手軽に楽しめます。

1煎目はスタッフが丁寧に淹れてくださり、2煎目以降は自分で急須を使用してお茶を淹れていただきます。


▲用意されたお茶菓子の中から、お茶に合わせるお茶菓子を自分で選べるのが嬉しい。

しずチカ茶店一茶のスタッフは、それぞれお茶の魅力を活かした淹れ方を習得しており、扱うお茶が変わる度に淹れ方も合わせて変えています。

こうしたお茶に対して取り組む姿勢と熱意からは、しずチカ茶店一茶が静岡市内のお茶屋の窓口でありたいという気概の強さを感じられます。


一茶セットを飲んでみて気に行ったお茶があれば、帰り際に物販コーナーで購入するのもよいでしょう。一茶セットは水曜日(定休日)を挟んで毎週木曜日に新しく切り替わり、次週の火曜日まで続きます。

 シャカシャカ抹茶セット

茶道の経験でもない限り、抹茶を点てた経験がないという方も多いはず。そんななかで、誰でも気軽に楽しく抹茶を点てて欲しいとの想いから考案されたのがシャカシャカ抹茶セット。注文時に、抹茶を点てる器とお茶菓子を選択すれば、後はスタッフの方がお膳立てをしてくださります。

初めて自分で点てた静岡本山抹茶はきっと思い入れ深い味わいの一杯になるでしょう。茶筅は席の数だけ用意がありますので、満席の状態でも安心して注文できます。


テイクアウトドリンク

しずチカ茶店一茶ではテイクアウトのドリンクメニューもあります。本格的な味わいが楽しめる急須出し玉露や煎茶。静岡市内産の和紅茶や微発酵烏龍茶。さっぱりとした甘みと優しい抹茶の香りのウス茶糖。静岡のお茶を静岡の地酒で割った緑茶割りなど、豊富なラインナップになっています。


インタビュー:しずチカ茶店一茶には静岡市のお茶屋の熱意が託されている

しずチカ茶店一茶統括責任者であり、これまでに日本茶インストラクター協会理事、世界緑茶協会評議員を務めた経歴を持つ大塚喜美江さんにお話を伺いました。


静岡市内のお茶屋が連携して静岡茶の魅力を発信する

しずチカ茶店一茶は静岡茶商協同工業組合という組織が運営するお茶屋です。しずチカ茶店一茶では、静岡市内にある約50社のお茶屋の丹精込めて作り上げたお茶が特別価格500円で販売されています。

–これだけのお茶屋のお茶を一堂に集めて販売するというのは凄いですね。値段も一律500円とは驚きです。

この品揃えと特別価格が実現したのは、ひとえに茶商組合の皆様の静岡茶PRにかける熱意とご厚意のおかげです。


▲しずチカ茶店一茶では世界緑茶コンテスト最高金賞受賞茶など含めて高品質なお茶が全て一律500円で販売されています。

静岡にはお茶に限らず良いものが沢山あります。隣接している展示スペースとのコラボなど駅地下のプロモーションも含めて今後も静岡茶ならびに静岡市のPRに取り組んでまいります。

–静岡茶PRの為にそこまで力を入れるのは何故ですか?

15年ほど前、私は静岡大学のシンポジウムに出席したことがあります。その時に学生の皆さんに向けて「ご飯の時には何を飲みますか?」と質問を投げかけたのですが、その回答の95%がお茶ではなくお水でした。

考えてみれば、学生の皆さんが外食する場として定番のファミレスやラーメン店ではお水が出されます。丼もののお店や回転寿司に行けばお茶が出てくることもありますが、一般的に客層に若者が多いお店ではお茶ではなくお水が出されるのです。

一昔前のように、食事の際の飲み物としてお茶が当たり前に出る日常ではなくなっている以上、お茶も積極的に普及に努めなければなりません。

▲新茶時期には期間限定のカフェスペースが設けられています。

静岡市の茶匠が丹精込めて作り上げたお茶を最高の形で届けたい

お茶といえば深蒸し茶が注目されがちですが、茶匠が伝統技術をもって仕上げた合組茶(合組とは:様々な産地のお茶を独自の比率で配合し立体感ある香味のお茶に仕上げる茶匠の伝統技術)も素晴らしいものです。作り手の皆さんは職人気質な面もあり上手に語れないというところもあるのかもしれませんが、知られていないだけで世の中には素晴らしい作り手が沢山居ます。

そういった意味では、まだまだやれることはあると思います。2021年4月に私がしずチカ茶店一茶の統括責任者になってからは、お茶の淹れ方や茶器、メニューやレイアウトに至るまで全てのディレクションを担当しています。


▲しずチカ茶店一茶オリジナルの茶器。「一茶」という落款(らっかん)が捺されています。

–大塚さんがお茶の淹れ方の指導もされているのですか?

私は日本茶インストラクター、台湾烏龍茶鑑定士、日本紅茶協会の紅茶インストラクター、中国茶芸師、中国評茶員などの資格も持っています。

大事な組合員加盟店様が丹精込めて作ったしずチカ茶店一茶のお茶を最高の形でお客様に提供する為、月に一度静岡茶商工業協同組合に全スタッフを集めて、お茶の淹れ方についての研修を実施しています。

扱うお茶が変われば淹れ方も変わります。それぞれのお茶に対して、湯の温度がお茶の味や香りにどのように影響を与えるのか、といった基礎から理論的に指導をしています。

お茶は紀元前より存在し、静岡という都市の発展に大きく影響してきた

静岡本山茶は鎌倉時代に聖一国師が中国から持ち帰った茶の種から始まる最も古い歴史をもつ静岡茶です。最もポピュラーなお茶の品種「やぶきた」も静岡市が発祥です。

国産紅茶も静岡市丸子が発祥になります。国産紅茶を広めた多田元吉公は日本人として初めてインドのアッサムやダージリン地方を巡り紅茶の製造技術を日本に持ち帰り広めました。多田元吉公は「やぶきた」の生みの親でもある杉山彦三郎公の指導もしており、その功績は茶業界で広く知られています。

今でこそ清水港からお茶を輸出できていますが、当初まだ横浜港がお茶の輸出業務を担っていた頃は、静岡から横浜にお茶を運ばなければなりませんでした。こうした運送の需要に応えて静鉄電車ができました。

海野孝三郎氏のはたらきのおかげもあり、清水港から直接世界にお茶を輸出することが可能になった静岡は日本一のお茶の輸出高を誇るまでになりました。その名残もあり、茶町界隈には幾つもの外国商社が立ち並んでいます。

–静岡市はお茶ありきで都市の発展がなされてきたのですね。


お茶の存在が明確に記述されている文献で最も古いものは紀元前59年。ですから、少なくとももっと以前からお茶はあったと思われます。
長い年月を通して様々なものが現れては消えてを繰り返してきた中で、お茶だけは今日まで形を変えながらも残り続けているのです。そう考えると本当に驚くべきことですよね。

▲壁に飾られた歴代の理事長の写真。3代目が茶屋すずわ取締役渥美さんの祖父。14代目が父になります。

長年続けてきた活動があるからこそ「ずっとお茶は在りつづける」と確信できる

2年ほど前、私は30年以上勤めていた製茶問屋の役員を退任して独立しました。現在では茶業界で培ってきたノウハウを活かし、お茶に関するセミナー講師やマネジメント、またはコンサル業務を行っています。

もう22年以上にわたって朝日テレビカルチャーの専属講師を務めているのですが、最近になって若い人々がセミナー来ては、急須でお茶を淹れる様を撮影してSNSにあげているのを目にします。

そういう光景を見ていると、私達にとって普通のことである急須でお茶を淹れるということが、また違うなにか目新しいお洒落と捉われているのではないかと感じています。

もしかしたら茶業に関わる経営母体がお茶とどのような関わり方をしていき、どのような業態として残っていくのかというのは、変わるのかもしれませんね。

しかしこの先も、お茶は見た目や形を変化させながらずっと在り続けるでしょう。

しずチカ茶店一茶

しずチカ茶店一茶の情報

住所 〒420-0851 静岡市葵区黒金町49-1 JR静岡駅北口地下広場(しずチカ内)
ホームページ https://www.ocha.or.jp/issa/
電話番号 054-253-0030
電子マネー・カード決済 現金のみ
営業時間 10:00~19:00(LO18:30)
定休日 水曜日(祝日の場合は翌営業日)、年末年始
駐車場 なし
アクセス 静岡駅より徒歩1分

 

この記事を書いた人 Norikazu Iwamoto
経歴 「静岡茶の情報を世界に届ける」を目的としたお茶メディアOCHATIMES(お茶タイムズ)を運営。お茶タイムズが世界お茶祭りHP、静岡県立大学茶学総合研究センターHP、農林水産省HPで紹介。静岡県副県知事と面会。2021,2022静岡県山間100銘茶審査員を務める。地元ラジオやメディアに出演経験あり。

 

おすすめ記事:

静岡駅周辺のお茶カフェ9選!日本茶とスイーツおすすめ店鋪をご紹介

関連記事