T’s green (ティーズグリーン)と姉妹店omachi(オマチ)が煌びやかに彩るお茶と甘味【静岡県・静岡市】

OCHA TIMES
T’s green (ティーズグリーン)と姉妹店omachi(オマチ)が煌びやかに彩るお茶と甘味【静岡県・静岡市】

JR安倍川駅から徒歩10分の距離にある日本茶カフェT’s green(ティーズグリーン)。ここでは茶農家から直送された新鮮な深蒸し茶とお茶菓子が美味しいと人気を博し、2020年2月静岡市の繁華街に姉妹店T’s green omachi(ティーズグリーンオマチ)をオープン。味は勿論、煌びやかなスイーツの飾り付けがSNSで話題となり若い女性を中心に多くの人で賑わっています。

この記事では、カフェメニューの魅力やT’s green(ティーズグリーン)のこだわりなど代表取締役の神谷努さんのインタビューも交えてお伝えしていきます。

T’s green(ティーズグリーン)とは

T’s green(ティーズグリーン)とは静岡市駿河区鎌田にある日本茶カフェです。代表取締役の神谷さんの親戚が営む茶農家から直送されたお茶を取り扱っています。

【テイクアウト】あり
【住所】静岡県静岡市駿河区鎌田71-14
【アクセス】JR安倍川駅より徒歩約10分 東名静岡I.Cより車で約10分
【駐車場】あり
【電話番号】054-201-1108
【営業時間】10:00~19:00
【定休日】不定休

外観はシックで落ち着いた雰囲気。店内に足を踏み入れると、カウンターに設置された焼き網から漂う焼き団子の香りに食欲がそそられます。

お茶や茶器の陳列された棚には、静岡の伝統工芸「駿河和染」で有名な鷲巣恭一郎さん作の茶染めも置かれています。お茶染めの原料としてT’s green(ティーズグリーン)のお茶が使用されたこともあるそうです。


T’s green(ティーズグリーン)はメディアでも度々紹介されており、数多く飾られた著名人のサインは人気の証拠。日中は主に小学生やお年寄りなど地元の人々で賑わっています。19時まで営業しているので社会人の方でも平日の仕事帰りなどに立ち寄って、ホッと一息つくのも良いでしょう。

T’s green(ティーズグリーン)のカフェメニュー紹介

T’s green(ティーズグリーン)は島田市金谷の茶農家から直送している新鮮な深蒸し茶を取り扱っており、お茶菓子もお茶に合うように工夫された味付けになっています。ここではT’s green(ティーズグリーン)のカフェメニューを少しだけご紹介します。

月の灯り+抹茶ラテ

秋の夜長の月夜の光景をイメージしたカフェメニュー。お月さまに模したキャラメル焙じアイス、ススキを表現した焼き菓子(抹茶パウンドケーキ)、月に照らされる形に見立てて添えた揚げ団子5種類(塩あんこ・塩キャラメル・揚げ磯部・胡麻と静岡茶・えごま唐辛子)。

どの甘味もまろやかでコクのある深蒸し茶によく合います。お茶は一杯目を飲み終わったことを店員に告げるともう一杯おかわりがいただけます。


別途注文した抹茶ラテも程よい甘さでスッキリとしていて飲みやすい。

おしるこ・磯部セット

お餅・団子2玉入りの甘いお汁粉、甘じょっぱい磯部焼き団子、しょっぱい梅茶、深いコクと柔らかい口当たりの深蒸し茶(おかわり自由)。ホッとリラックスしてひと息つけきたいときにオススメのセットメニューです。


お茶屋のプリンパフェ

パフェの内容は、静岡茶プリン、パウンドケーキ、かりんとう饅頭、季節のフルーツ、キャラメルアイス、生クリーム。飲み物におかわり自由のお茶がついています。お茶屋が作ったプリンパフェは、その名の通りお茶にとても良く合う味付けになっています。


贅沢甘味エメラルド

揚げ団子(メニューからお好みの一本を選びます)、かりんとう饅頭、本日の静岡茶、生チョコレート、本日のパウンドケーキ、静岡茶プリン、キャラメルほうじアイス、お茶(おかわり自由)。

焼きたてのお団子のモチモチした食感、揚げたてのかりんとう饅頭の心地よい噛み応えを一緒に楽しめるT’s green(ティーズグリーン)ならではのセットです。

するが絢爛(夏限定)

5種類のかき氷「抹茶」「深蒸し茶」「煎茶」「ほうじ茶」「和紅茶」。5種類の揚げ団子「塩あんこ」「塩キャラメル」「揚げ磯部」「胡麻と静岡茶」「えごま唐辛子」。計10種類の味わいを食べ比べできる夏限定の特別メニューは最後の一口まで飽きずに楽しめます。

T’s green(ティーズグリーン)ではメニューごとに提供するまでに要する時間がメニュー表に記載されているので、注文する際の目安として、またテイクアウトメニューを受け取る際の参考にしてみても良いでしょう。


T’s green omachi(ティーズグリーンオマチ)とは

T’s green omachi(ティーズグリーンオマチ)とは静岡市葵区七間町にあるお茶カフェです。T’s green(ティーズグリーン)の姉妹店になります。

【テイクアウト】あり
【住所】静岡県静岡市葵区七間町16-7 OMACHIビル 1F
【アクセス】静岡駅から徒歩15分
【駐車場】なし(近隣にコインパーキングあり)
【営業時間】10:00~19:00(オーダーストップ18:30)
【定休日】不定休
【電話番号】054-272-7610

T’s green omachi(ティーズグリーンオマチ)店内の様子はT’s green(ティーズグリーン)よりも華やかで明るい雰囲気です。
近隣には飲食店が多く、主に若い女性が食後の一休みや午後の休憩の場として利用しています。


T’s green(ティーズグリーン)同様、T’s green omachi(ティーズグリーンオマチ)でも、お茶や茶器の販売や、一部カフェメニューをテイクアウトで提供しています。

T’s green omachi(ティーズグリーンオマチ)カフェメニュー紹介

T’s green omachi(ティーズグリーンオマチ)では茶農家直送の新鮮な深蒸し茶とお茶に合う甘味をT’s green(ティーズグリーン)とは異なった形でカフェメニューとして提供しています。ここではそのメニューを少しだけ紹介します。

煌びやか

内容は、わらび餅3種類(ほうじ茶わらび餅、抹茶わらび餅、和紅茶わらび餅)、甘い生チョコレート3種類、しょっぱい茶葉の佃煮。添え付けの黒蜜、練乳。そしてメニューの中から好きな飲み物を1つ選択。

幾通りもの甘味がお茶を引き立てるバリエーション豊かで楽しいメニューです。


▲「煌びやか」にある茶葉の佃煮など、甘味とお茶の間に丁度良いアクセントのしょっぱさが置かれています。

OMACHIセット

内容は、生茶チョコレート、揚げ団子(メニューの中から好きな味の団子を1つ選択)、抹茶ミルクわらび餅、かりんとう饅頭、茶プリン。そしてメニューの中から好きな飲み物を一つ選択します。

その盛り付けの華やかさは、つい写真に収めたくなるほど煌びやか。ラテを注文すると表面には「茶」の文字が描かれており、飲んでしまうのが勿体ない。


おまちの春色(ほうじ茶バージョン)

パフェの内容は、いちご、キャラメルアイス、生クリーム、パウンドケーキ、お茶の寒天、お茶のわらび餅、小豆、黒蜜、梅昆布茶。そしてメニューの中から好きな飲み物を一つ選択します。

凝った盛り付けで見た目の美しいパフェは、黒蜜をかけて味を変えることで、また違った楽しみ方ができます。


インタビュー:T’s green(ティーズグリーン)のお茶を引き立てる美味しさでお茶の魅力を広めたい

T’s green(ティーズグリーン)代表取締役の神谷努さんにお話を伺いました。


日本茶カフェT’s green(ティーズグリーン)を開いた理由

–T’s green(ティーズグリーン)について教えてください。

当初、この店は私の妻の実家が営んでいる茶農家のお茶を販売するシンプルなお茶屋でした。しかし、商品がお茶に限られれば同様に客層も限られてしまいます。

そこでお団子などの甘味をお客様に提供し、お茶と一緒に楽しんでいただくスタイルにしてみてはどうか、と考え甘味処T’s green(ティーズグリーン)としてリニューアルオープンしました。

今でこそ様々なメニューをご用意できますが、開店して間もない頃のT’s green(ティーズグリーン)が用意できたのはお団子3種類とイチゴのかき氷のみ。お客さんがお団子食べながらお茶を眺めているといった感じのお店でしたね。

試行錯誤しながらお店を続けていくうちに、少しずつメニューが増え、店のコンセプトも固まっていき現在に至ります。

T’s green(ティーズグリーン)と姉妹店T’s green omachi(ティーズグリーンオマチ)の違いとは

–T’s green(ティーズグリーン)とT’s green omachi(ティーズグリーンオマチ)の違いを教えてください。

駿河区鎌田にあるT’s green(ティーズグリーン)には子供からお年寄りまで幅広い年齢層のお客様がいらっしゃいますので、地域密着型の親しみやすい雰囲気のお店であるように心がけています。

静岡市の繁華街にあるT’s green omachi(ティーズグリーンオマチ)は若いお客様が多くいらっしゃいますので、「お洒落」「高級感」をコンセプトに店内の雰囲気やメニュー作りをしました。

–T’s green(ティーズグリーン)とT’s green omachi(ティーズグリーンオマチ)では提供しているメニューも違うのですか?

T’s green(ティーズグリーン)の近隣には、お茶と甘味を提供する店が少ないということもあってか、幅広い年代の方がいらっしゃいます。ですからメニュー内容は和を基調とした落ち着いた形式にしています。

T’s green omachi(ティーズグリーンオマチ)は繁華街にあり、客層も若い女性が多い人が多いので、メニュー内容はお洒落で華やかな形式にしています。ですから似たような内容のメニューであっても、お皿が変わっていたり小さな傘を建ててワクワク感を演出されていたりと、受ける印象は大分違うと思いますよ。

–店舗のある場所柄を意識して作っているのですね。

T’s gree(ティーズグリーン)T’s green omachi(ティーズグリーンオマチ)ともに心掛けているのは、甘味とお茶が互いを引き立て合うような味付けとメニュー構成であることです。ただ店舗のある場所によっては、どのような盛り付けやメニュー構成がお客様に喜ばれるのかは変わりますね。

時には若いスタッフの意見も参考にしながら、工夫を凝らして作り上げたメニューがSNSにアップされているのを見ては皆で喜んでいます(笑)

T’s green(ティーズグリーン)からお茶の魅力を発信していく

他のお茶屋さんとの交流を通して知ったことなのですが、日本茶カフェは茶問屋さんがお茶の販売をしながら、徐々にカフェの営業も始めていくといったケースが多いようです。

しかしT’s green(ティーズグリーン)はお茶カフェを営みながらお茶を売るようになった逆のケース。私自身もともと建築系の営業をしていましたので、お茶に関しては全くの畑違いでして、毎日が勉強です。

茶問屋さんからは私に「カフェ営業はどのようにやればよいのか?」と聞かれることがありますが、私から茶問屋さんには「卸売りはどのようにやればよいのか?」と聞いたりして、お互いの情報交換で話が盛り上がってますよ(笑)

お茶は主役にも脇役にもなります。T’s green(ティーズグリーン)T’s green omachi(ティーズグリーンオマチ)でお茶を引き立てる美味しさを提供する事から、お茶の魅力を広めていきたいですね!

T’s green(ティーズグリーン)の情報

住所 〒421-0133 静岡市駿河区鎌田71-14
ホームページ https://www.facebook.com/ts.green.2013/
電話番号 054-201-1108
電子マネー・カード決済 対応済み
営業時間 10:00~19:00
定休日 不定休
駐車場 あり(3台)
アクセス JR安倍川駅より徒歩約10分

東名静岡I.Cより車で約10分

 

T’s green omachi(ティーズグリーンオマチ)の情報

住所 〒420-0035 静岡県静岡市葵区七間町16−7 OMACHIビル 1階
ホームページ https://www.facebook.com/ts.green.2013/
電話番号 054-272-7610
電子マネー・カード決済 対応済み
営業時間 10:00~19:00
定休日 不定休
駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
アクセス JR静岡駅より徒歩15分

 

おすすめ記事:

静岡駅周辺のお茶カフェ8選!日本茶とスイーツおすすめ店鋪をご紹介

この記事を書いた人 Norikazu Iwamoto
経歴 静岡茶の情報を世界に届ける。を目的としたお茶メディアOCHATIMES(お茶タイムズ)を運営。これまでに静岡県副県知事との面会。お茶タイムズが世界お茶祭りでリンク紹介。2021静岡県山間100銘茶審査員を務める。地元ラジオやメディアに出演経験あり。

関連記事