GREEN ∞ CAFÉ(グリーンエイトカフェ)は両河内茶の魅力を発信するお茶屋【静岡県・両河内茶】

OCHA TIMES
GREEN ∞ CAFÉ(グリーンエイトカフェ)は両河内茶の魅力を発信するお茶屋【静岡県・両河内茶】

静岡県清水区両河内では清流・興津川を囲む山間で作られた「山のお茶」が有名です。山間で作られる茶葉は葉が薄く柔らく茶葉を蒸す工程が短い故に浅蒸し茶といわれており、両河内の浅蒸し茶は高値で取引されています。そんな山のお茶を扱うGREEN ∞ CAFE(グリーンエイトカフェ)は清水駅から車で40分ほどの場所にあるにもかかわらず、遠方からお茶を楽しみに沢山の人がやってくる、お茶カフェ兼お茶の直売所となっています。

この記事では「GREEN ∞ CAFE(グリーンエイトカフェ)」のカフェメニューの紹介、多くのお茶好きを惹きつけるお茶の魅力の発信の仕方について北条社長のインタビューを交えてお伝えしていきます。

GREEN ∞ CAFE(グリーンエイトカフェ)とは

グリーンエイトとは両河内のお茶農家8軒が集まって立ち上げた会社です。2015年11月1日に、両河内のお茶の魅力を伝える為にオープンしたのがGREEN ∞ CAFE(グリーンエイトカフェ)。和田島にある大きいひょうたんが目印の茶農家直営カフェ兼直売所兼製茶工場です。

▲自社工場内の事務所だった場所を3ヶ月ほどかけて改装した

内装には古民家の廃材を使用するなど、年季の入った木材を多用した落ち着きある独特な雰囲気を醸し出しています。

カフェメニューでは緑茶に和紅茶、様々な手作りスイーツを楽しる他、お茶の購入も出来ます。特に人気の和紅茶は、収穫した茶葉をそのまま発酵させて製造しています。

棚の正面真ん中から、左に行くほど甘くマイルドな味の和紅茶が置かれており、右に行くほど苦みのある味の和紅茶になります。とても分かりやすい指標が展示されているので、和紅茶に詳しくない人でも自分の好きな味を選びやすい。



茶畑に囲まれてお茶を楽しめるGREEN ∞TEATERRACEとは


カフェから徒歩10分ほどで着く場所にあるTEA TERRACEに向かいます。購入した商品を保冷バックに入れてくれるのでTEA TERRACEでピクニックが楽しめます。





茶畑に囲まれてカフェメニューを楽しむという、生産家の提供するカフェならではの体験が出来ます。(確実に利用したいのであれば、事前予約がおすすめです)

GREEN ∞ CAFE(グリーンエイトカフェ)のカフェメニュー

両河内の茶農家だからこそつくれるノンフレーバー・ノンブレンドお茶を使用したカフェメニュー。繊細な味わいのものから、コクと甘みがあるスイーツまで揃っています。

静岡茶氷プロジェクトの夏限定人気メニュー「茶氷ピカソ 紅」(夏限定のメニュー)

使用されている茶葉は、GREEN ∞ CAFE(グリーンエイトカフェ)で販売もされている「和紅茶 ロイヤル」。
まずは茶氷のみで食べてみて、次にキウイ、パイン、イチゴ、みかん、カシスのフルーツソースを合わせると、味の変化も楽しめる。茶畑の土づくりから茶氷のシロップづくりまで、一貫して手掛けている生産者ならではの強みを感じられる夏限定の一品。

和紅茶シロップをかけて食べる和紅茶のフレンチトースト(期間限定)

人気の和紅茶をシロップにしてフレンチトーストにかけて食べます。上品な甘味とボリュームのある一品。


和紅茶ダークチョコレートパンケーキ(期間限定)

特徴的な苦みの和紅茶ダークを使用したチョコレートパンケーキ。チョコレートの甘味にセットのお茶がよく合います。


和紅茶パフェ

上に茶葉がのっているパフェというのは茶産地ならでは。下にフルーツやタピオカが入っていて味わいの変化も楽しめます。

地元産バタフライビーにレモン果汁などを加えたハーブティー

シロップを入れると色が変わって見た目も楽しい。


シトラスティーと和紅茶パフェのセット

お茶とセットで注文すると、セット料金価格で注文できます。

インタビュー:GREEN ∞ CAFE(グリーンエイトカフェ)の魅力を広めてくれるファンがいる

GREEN ∞ CAFE(グリーンエイトカフェ)社長の北條広樹さんにお話を伺いました。


2015年11月1日に、自社工場内の事務所だった場所を、3ヶ月ほどかけて改装して製茶工場兼カフェ兼直売所としてGREEN ∞ CAFE(グリーンエイトカフェ)はオープンしました。ありがたいことに、現在ではGREEN ∞ CAFE(グリーンエイトカフェ)を目的地にして、わざわざ両河内にまで来て下さるお客さんもいます。

―グリーンエイトカフェは清水駅から車を使っても時間のかかる場所にあるのに、とても沢山のお客さんが多く見えていますね。

お客さんが自宅からGREEN ∞ CAFE(グリーンエイトカフェ)を目的地にして出て来てくれたと想像したときに、お客さんのここに辿り着くまでの時間を頂いている、と思うと本当にありがたく思います。感謝の想いから、接客の時間も長くなってしまう(笑)

―休日になると車が駐車場に入りきらないほどのお客さんが来ていますね。(コロナ下では、屋外に席を設けるなどして、対策をしています)。しかし、店側からは回転率を上げていこうという様子がまるで見えず、お客さんをゆっくりとくつろがせています。何故なのでしょう。

私たちがやりたいのは「お茶屋」なのです。確かに、客単価を意識すれば回転率は悪いと思います。ただ回転率を上げたいだけなのであれば、ティースタンドをやればよい。しかしそれは、私達の目指す「お茶屋」という本質からはズレてしまいます。

私達は徹底したお客さん目線で考えたい。それが、とても難しいことであることは分かっていますし、もしかしたら理想論なのかもしれない。しかし、私達はそこを突き詰めていきたい。

もっとお客さんに親しんでもらいたい、との想いからティーテラスを作りました。ティーテラスのある茶畑は、グリーンエイトのお茶を収穫している生産現場でもあります。こういう体験が出来る場所を提供する事でお客さんに飲むお茶だけではなく産地の茶畑からも、今まで以上にお茶の魅力を伝えられるようになりました。

カフェの入口の前には黒くペイントした扉があります。この扉の縁にある葉の模様は、茶の葉をスプレーペインティングして描いたものです。これもお茶のひとつの表現として面白い(笑)



▲使用された茶の葉は店の手前に飾られている。

GREEN ∞ CAFE(グリーンエイトカフェ)では
リーフ
カフェ
茶畑
工場見学
といった日本茶を取り巻く幅広い物語を、ひとつのパッケージとして提供しているのです。そして、私達グリーンエイトの提供する物語のファンになってくれた方が横に繋がって他のファンを呼んでくれる。新しいファンを作る手伝いをしてくれる。真剣にグリーンエイトの事を想ってくれるからこそ、時には私達に対して厳しい意見も言ってくれる。そんなファンの存在は本当に心強く、そして有難い。

ここに来ていただいたお客さんに、もっとお茶の楽しさを知ってもらいたい。ここに来ていただいたお客さんを通して、世の中にお茶を広めていきたい。それこそがGREEN ∞ CAFE(グリーンエイトカフェ)の目指しているゴールなのです。

「商い」とは、その言葉の通り本当に奥深いもので、ずっと(飽きない)でい続けなければならない。これから先もGREEN ∞ CAFE(グリーンエイトカフェ)ではファンの皆様が飽きないように、お茶の物語を提供し続けていきまよ!

GREEN ∞ CAFE(グリーンエイトカフェ)の情報・購入方法

住所 〒424-0403
静岡県静岡市清水区和田島349-4
ホームページ

購入方法

http://www.green8.bz/

(↑グリーンエイトのホームページ)

https://wadashima.shop-pro.jp/

(↑グリーンエイトのお茶はコチラから購入出来ます)

instagram https://www.instagram.com/green8cafe/
電話番号 054-395-2203
電子マネー・カード決済 対応済み
営業時間 10:00~16:00
定休日 不定休
駐車場 あり(5台)
アクセス 新東名新清水から車で約10分

関連記事