GREEN ∞ CAFE

OCHA TIMES
GREEN ∞ CAFE

事務所だった場所を、廃材やリサイクルした家具、流木などを使用してカフェに改装した製茶工場兼カフェで茶と癒しを提供していく。

一見するとカフェには見えないかもしれませんが、GREEN ∞ CAFE(グリーンエイトカフェ)とはお茶の名産地・両河内にある農家直営のカフェ兼直売所。
グリーンエイトカフェ
2015年11月1日に、自社工場内の事務所を改装してカフェ兼直売所としてオープン。内装に古民家の廃材など年季の入った木材を多用した落ち着きある独特な雰囲気を醸し出しています。

店内には 沢山のサイン色紙があります。モヤモヤさま~ずも来てる。
カウンター席と、4人掛けのテーブル席が1つの様々な緑茶に紅茶、手作りスイーツなどを提供しているカフェ。棚に並ぶのは、グリーンエイトのお茶の数々。素朴なカフェの雰囲気が実に心地よいです。

一番人気は「極みかぶせ」。白い茶葉で白葉茶といわれ一般にはまず流通しない貴重な茶葉を使用したお茶。

店のカウンターにはホームページやフェイスブックにも載っている社長の北條さんが立ってました。とても柔らかい物腰の方で、絶えずいろいろな方と楽しそうに話されていたのが印象的な方です。メニューの種類が豊富で何を頼んだらよいのか迷ったので一番人気は何か尋ねたところ「極みかぶせ」」だそうです。メニューには~水色は貴腐ワインのような黄金色で濃厚な旨味が余韻に残る白葉茶~と書いてあります。

注文した極みかぶせ。凝った砂時計が一緒に付いてきました。この砂時計を何度か返して時間を計り、適切な茶の抽出時間を測ります。

極みかぶせに合わせて手作りスイーツを注文。スイーツの上にのっているのは手製の蜜柑ジャム。


店内で白葉茶を購入することもできますが、その価格は100グラム5000円。他にも興津川の手摘み茶などもオススメ。今や効率化の下で機械化が進む中、丁寧に手摘みで仕入れた茶葉です。
手作りスイーツは日替わりで、シフォンケーキなどその時により変わるそうです。

GREEN ∞ CAFE栽培した茶葉を紅茶に仕立てた和紅茶。

紅茶も元は日本茶と同じ茶葉で発酵の度合いから紅茶に変わります。収穫した茶葉をそのまま和紅茶へと発酵させて提供しています。



和紅茶と添えつけのほうじ茶アイス。アイスは紅茶と一緒に出すのか、それとも後に出すのかを選べます。私が行ったときは年末だったので、年明けまで取っておく事が出来ないからと蜜柑をサービスで頂く事が出来ました。蜜柑の皮のブカブカした感じが丁度よい熟れ具合だそうで、とても甘くて美味しい蜜柑でした。

様々な茶業者と交流のある北条社長からは、まだネットにも載っていないような美味しい日本茶を味わえる場を教えてもらう事も。

茶業者はあまり横の繋がりが少ないのが実情なのですが、北条社長は他の茶業者との繋がりも多く、美味しい日本茶を味わえる場を聞けば有名な店はもちろん、まだ知れ渡っていないような隠れ家的な店までたくさんの情報を教えてくれます。

今回教えてもらえた新たなお茶屋は

・山茶寛
・お抹茶こんどう
・角打ち茶屋
・豊好園

など。フェイスブックでは沢山のイベントの様子も公開されています。美味しいお茶頂きながら沢山の情報を得に訪れてみてはいかがでしょう。

以上、編集長によるGREEN ∞ CAFEのレポートでした。

お店の情報

住所 〒424-0403
静岡県静岡市清水区和田島349-4
ホームページ https://green-8.com/72206/
電話番号 054-395-2203
電子マネー・カード決済 現金のみ
営業時間 10:00~16:00
定休日 不定休
駐車場 あり(5台)
アクセス 新東名新清水から車で約10分

 

 

関連記事