松島園の炭火仕上げ茶へのこだわりと茶師としてのマーケットの捉え方【静岡県・川根茶】

OCHA TIMES
松島園の炭火仕上げ茶へのこだわりと茶師としてのマーケットの捉え方【静岡県・川根茶】

静岡県の中央部を南北に貫く大井川。その中流域の山間地にある川根本町は、適度な日照時間、昼夜の大きい気温差、水はけの良い土壌といった、良質なお茶が育つ自然条件に恵まれています。そしてこの地域には、ひと際上質なお茶が育まれる場所があり、そこを「松島」といいます。今回、取材させていただいた川根の茶農家「松島園」は、その「松島」に茶園をもつことに名前の由来があります。そして各種の品評会においても農林水産大臣賞をはじめ、数々の受賞歴は、高い茶の生産技術の証です。松島園のお茶の特徴は、上質な茶葉を、備長炭を用いて仕上げる、唯一無二の技術。今では出来る人も少なくなったその技術により、芳醇な香りと上品な旨味が引き出された茶は、多くのお茶好きを魅了しています。

この記事では、松島園の炭火仕上げの歴史と魅力、日本茶の生産現場から売るまでの道筋など、松島園園主川﨑好和さんのインタビューも交えてお伝えしていきます。

松島園とは

松島園とは静岡県川根本町元藤川にある自園自製自販の茶農家です。現在園主を務めるのは9代目の川﨑好和さん。松島園の名前は、農場の中で最も美味しいお茶が採れる茶園のある場所が「松島」と呼ばれる地域であることから由来します。


備長炭を用いた希少な炭火仕上げ製法

お茶の仕上げには火入れと呼ばれる工程があります。お茶は火入れによって甘味を引き出されることもあれば、香りが立つこともあり、品質を安定させることもできます。

松島園では備長炭を用いた炭火仕上げを行っています。赤外線効果も相まって、炭火によって仕上がったお茶は渋みや苦みが抑えられ、それでいて独特で芳醇な香りを持ち、一度飲んだら「コレしか飲めない」と病みつきになる人が多いそうです。

また炭火仕上げの茶葉は、淹れる時に水の質や茶葉の量、湯温、浸出時間に左右されなくなります。そういった面でも炭火仕上げはお茶を一味違う別格なお茶に仕上げます。

松島園のお茶の紹介

松島園の茶園がある大井川中流域の山間地は、適度な日照時間、昼夜の大きい気温差、水はけの良い土壌といった、良質なお茶を栽培する条件に恵まれています。

こうした山間地で育まれた茶葉の特性を最大限に引き出すように仕上げた松島園のお茶は、澄んだ水色、芳醇な香りが楽しめます。ここでは、そんな松島園のお茶を少しだけご紹介します。(松島園は定期的にフォーレなかかわね茶茗舘で呈茶もしています。詳しい予定はフォーレなかかわね茶茗館に問い合わせください)


九十九~川根茶~

園主川﨑好和さんのこだわりが詰まった高級煎茶「九十九」。5月上旬の八十八夜に摘み採った茶葉を原料にして、こだわりの製法で作り上げました。旨味、渋味、滋味が絶妙なバランスで醸し出されるお茶は、大切な人への贈答用にも、自分へのご褒美としても最適です。


松島~炭火仕上げ川根茶~

大井川中流域の自然の恵みを一身に受けて育った茶葉を炭火でじっくり丁寧に仕上げました。今では数少ない炭火仕上げ技術をもつ茶師川﨑好和さんが、備長炭を用いて仕上げたお茶には茶園の名前をとって「松島」と名付けられました。


くきほうじ茶~備長炭火入れ~

茎の部分を丁寧に炭火仕上げしたほうじ茶。芳醇な香りにさっぱりとした味わいの一杯が楽しめます。


インタビュー:松島園の炭火仕上げ茶へのこだわりと茶師としてのマーケットの捉え方


松島園園主の川﨑好和さんにお話を伺いました。


希少なお茶の炭火仕上げ技術の歴史と魅力

–お茶の炭火仕上げというのは、希少で高度な技術だと聞いています。一体どのような技術なのですか?

昭和30年代から40年代、高度成長期の東京ではまだ浄水設備が十分に整っていなかったこともあり、水道水からは強いカルキ臭がしました。私は当時、東京荒川や多摩川水域の水道水を取り寄せて、お湯を沸かしお茶を淹れたことがあるのですが、お茶の味がほとんど消されていて驚いたのを覚えています。

それほどまでに当時の東京の水質は良くありませんでした。そうした水質でも影響をほとんど受けることのない煎茶に仕上げる術として、炭火仕上げの技術は活躍していました。

松島園

私の炭火仕上げは、もとは私の妻の親戚が嫁いだお茶屋の技術でした。跡継ぎが居らず絶えようとしていたところを私が引き継いだ形になります。

当初、炭火仕上げが全く未経験の私にとって、この技術の習得は困難の連続でした。炭火に使用するのは、どれひとつ同じ形状のものはない備長炭なのですが、炭火は100℃を超えたあたりからはとにかく熱い。凄まじい火力を浴びるので体力の消耗も著しい。


そうした中で、その日の気温や湿度による影響を計算に入れて炭火の強さを調整しなければなりません。夏は高い湿度のおかげで火の調整が難しく、冬は厳しい寒さで火が入らないといったこともあります。また、お茶は農作物なので毎年の出来栄えも異なります。

10月や春先の時期になると比較的炭火仕上げもやりやすくなってくるのですが、茶農家には他にもやらなければならない作業が沢山あります。

▲茶農家は肥料散布など一年を通して様々な茶園管理の仕事も行います。

–松島園のお茶は全て炭火で仕上げているのですか?

これまでの経験上、炭火仕上げに向くお茶と向かないお茶がありますので、その都度仕上げの方法は変えています。例えば高級煎茶は炭火仕上げに向かないので、低温で丁寧に火入れをしていくことでみる芽の味を活かすようにしています。

また新茶特有の青々しい香りが好きな方もいますから、そうした方には炭火仕上げのお茶はオススメしないようにしています。

▲高級茶の火入れに使用している50年以上前の紅茶乾燥機。川﨑さんの追求する火入れに役立つと現在も活用し続けています。

お茶のマーケットの昔と今の移り変わり

お茶業界全体の生産量は年間約8万トン、金額にしてせいぜい数千億程度の規模です。大手メーカーさんもいらっしゃいますが、通販や小売りを主な販路に持つ茶農家が多いのが実状で、お茶の業界自体はそれほど大きな市場ではありません。


昔のモノがない時代は大量生産大量消費の生産販売方式で良かったのです。ある程度の質が担保された同一規格のモノを大量に作り安価で販売すれば売れていましたからね。

時には生産者は作りたいものを作り、それを欲しがる誰かと勝手に繋がるといった形で商売が成り立っていたことすらあったのです。


現代はお茶だけでなく、車、洋服など全ての製品が飽和状態です。その上、テレビCMを打てば人が集まった時代から、個人がSNSで発信する時代に変わりました。そのSNSでさえも3日も経てば他の話題に移ってしまうので、売るターゲットを決めようにも、どこに狙いを定めたらよいのか分からない。

かつての大量生産大量消費の生産販売方式ではペットボトル茶ならともかく、リーフ茶(急須で淹れるお茶の葉)が売れないのは無理もないでしょう。つくづくモノを売るのが難しい時代になったと思います。

少子高齢化に加え人口減少によってマーケット自体が縮小している現代に必要なことは、マーケットが欲しがっているモノは何かを分析・察知して対応することです。

その上で自分の土地の気候条件、生産方式や技術とマッチングさせたお茶を作るといった、これまで以上に試行錯誤が必要になると思います。

▲松島園では一本一万円を超える高級ボトルティーの販売もしています。

川根のような中山間地であれば、労働集約型の手間暇かけた高級煎茶を作り収益性を確保する以外にはないと思います。

鹿児島のように大量生産が可能であればコストは下がるかもしれませんし、それで農家が儲かるとの考えもあります。しかし、現状では中山間地のお茶を大量生産しようとするとコストが下がる以上にお茶の質が下がってしまいます。

そして肝心のマーケットにそうしたお茶の需要がないのです。そもそもお茶の品質を保ちながら大量生産が可能であれば誰でもやるでしょう。

▲事務所に飾られた色紙。『土生、土育、土学、土去』は基本に忠実、土作りを中心に偽りのない川根茶作りを意味する。

生産者が売るところまで手掛けることの難しさ

松島園は自園自製自販ですから、ある意味「6次産業」を行っているといえるでしょう。しかし売るというのは本当に大変です。売り方、営業、発信広告、マーケティングなどその手法は複雑ですし、人によって得手不得手もあります。

私もブログを書くことくらいなら出来ますが、ブログの検索順位を上げるといったことまでやっていこうとすると、他の作業に手が回らなくなってしまいます。

その点、大手ドリンクメーカーでは、資本を投資して大々的な広告宣伝を打ち出し、その翌日には全国様々な店舗に商品が陳列されています。一方で私達のような茶農家のリーフ茶は、購入できる場所すら十分に伝えることはできない。

こういった売り方一つをとっても、大きな差がある大手メーカーと競合しても仕方ないでしょう。私達が追求するべきは誰にも真似できない品質に特化したお茶を作り、特定の購入層めがけてアピールをしていくしかないと今は考えています。

ですから私個人の意見としては、一次産業の生産者は出来る限り製造に専念していた方が良いと思っています。

仮に生産者の6次産業化を推し進めるのであれば、各方面の茶業者と団結する必要があるでしょうね。小売り専門のお茶屋さんが都心部で一生懸命宣伝してお客さんを集めたところで、私達生産者が通販で同じお茶を取り扱ってしまうと、小売りのプロと農家直売との間で競合が起きてしまいかねません。

そうなると結果として誰も儲からなくなってしまいます。

日本の蒸し製緑茶は世界で通用する強みになる

世界にはインド、ケニアなど様々な銘茶の産地がありますが、どれも標高1000メートル以上の高地です。標高の高い土地では湿度が低いので紅茶や烏龍茶などの発酵茶作りに適しています。ですからダージリンのファーストフラッシュなど質の良い高級茶が生まれていくのです。

一方で気圧が高過ぎてお湯が100℃では沸騰せず、物理的に蒸し製の緑茶は製造できません。そう考えると水が100℃で沸騰する日本のような気圧下では、蒸し製の緑茶こそが他国には真似できない強みなると思います。

本腰を入れて真剣に蒸し製緑茶の製造と輸出に取り組めばよいと思うのですが、業界全体としては碾茶など抹茶の原料を作る方向にいく可能性が高いでしょう。碾茶は揉む工程がないので煎茶に比べて作りやすいというのもありますしね。

–実際に、海外に日本茶の需要はあると感じていますか?

時折ですが松島園では輸出もしていますよ。これまでにカナダの大使館で呈茶する為に松島園のお茶が欲しいという要望もありましたし、スロバキアといった貨幣価値の高い国の方々には高い値で購入して頂いています。海外の方との決済の利便性を考えてpaypal(世界中で最も利用されている電子マネー規格)も導入したほどです。

–実際に海外からの購入申し込みがくるということからも、日本茶の品質の高さは保証されているのですね。

日本の気候は質の良い生葉の生育にも適していますし、高級な蒸し製緑茶を製造するのに理想的です。ですから日本が世界とお茶で勝負するならば蒸し製の緑茶が最も適していると思います。

松島園が目指すのは昔ながらの伝統的な高級茶

照葉樹であるお茶は、前年に出た母葉から養分を受けて茶の芽が育ちます。そして一枚の母葉からは一芽しか出ません。ですから母葉をどれだけ厚く大きくするかで新芽の品質が変わると思います。

これからはそうした植物としてのお茶の特性にも着目しながら、お茶作りに取り組んでみたいですね。

来年は、自然仕立て園に4.5日ほど菰被覆(菰被覆については薮崎園の記事を参照)をしてみる予定です。そうして丁寧に育て上げた新芽で誰にも真似できないような手摘み茶を作るのです。

まだ構想中のお茶ですが、もう名前は決めています。

「一葉一芽」です。

これから先も私が目指すのは、昔ながらの伝統的な高級茶です。

松島園の情報

住所 〒428-0311 静岡県榛原郡川根本町元藤川867番地
ホームページ http://www.kawanecha.net/index.html
電話番号 0547-57-2825
電子マネー・カード決済 現金のみ
営業時間 問い合わせ確認
定休日 不定休
駐車場 あり(2台程度)
アクセス 車で、新東名「島田金谷IC」より約1時間、「静岡SA・ETC専用出口」より約1時間20分

 

この記事を書いた人 Norikazu Iwamoto
経歴 「静岡茶の情報を世界に届ける」を目的としたお茶メディアOCHATIMES(お茶タイムズ)を運営。お茶タイムズが世界お茶祭りHP、静岡県立大学茶学総合研究センターHP、農林水産省HPで紹介。静岡県副県知事と面会。2021,2022静岡県山間100銘茶審査員を務める。地元ラジオやメディアに出演経験あり。

関連記事