まるよ茶屋

OCHA TIMES
まるよ茶屋

静岡県の最南端・御前崎市に位置する深蒸し茶をメインに提供する“まるよ茶屋”

舗装された芝生に道を敷いて店の入り口まで迎え入れてくれます。
まるよ茶屋
テイクアウト専用の窓口もあるのでファストドリンクとして日本茶を注文することも出来るので通りがかりに一杯注文可能。

まるよ茶屋は、茶葉、お茶用の雑貨、お茶に合うお菓子、カフェレストラン、呈茶のコーナーと日本茶をあらゆる角度から楽しむことができます。

カフェレストランではお茶に合う料理「おにぎり」「お茶漬け」「茶そば」「茶スイーツ」といろんな茶料理を楽しめる。

温かい光が差し込む席にも癒されます。まるよ茶屋で扱う茶葉は全て深蒸し茶だそうです。牧之原の深蒸し茶が好きな方にはオススメ。

これほどの規模の店でありながら椅子に座っていてもまるで疲れない。飲食店はあまり座りやすい椅子を用意しないことで回転率を上げる店が多いのだが、ここはホッと休むことも出来る。普通に出される冷茶ひとつとっても美味しい。

↓茶そばセット。


↓さけ茶漬け。お茶屋の作るお茶漬けというのは本当に贅沢。


↓まるよ茶屋のきまぐれパフェ。温かいほうじ茶とセットで。


日本茶とそれに合う多種類のおむすびがいろんな形でセットメニューとして注文できるのが嬉しい。ホームページで詳しいメニューを見れます。

ティーマイスターと対話しながら、あなたの理想を盛り込んだブレンド茶葉をオーダーできる「呈茶コーナー」


紅茶と緑茶をブレンドしてみたり、炒り玄米、宇治抹茶、生姜、ゆずピールなど、香りのトッピングを加えてみたり、アイデア次第で奥深く複雑な味へと変わっていきます。あなたの好み通りにブレンドしたオリジナルのお茶を作るというのはお茶好きにはとてもワクワクします。

まず
あじのもと
かおりのもと
いろのもと
生茶仕上げ
のうちの幾つかを組み合わせてベースを作ります。

↓右から
・あじのもと
・かおりのもと
・いろのもと
を試飲させてくれました。どの味をどの程度組み合わせてベースを作るか悩む。

↓そしてトッピングとして
・ゆずピール
・京都宇治抹茶
・国産玄米
・高知県産黄金生姜
をどれかトッピングして自分のオリジナルのお茶を作ります。


店の裏には工場があり、原料となる茶は工場から直接店に来るそうです。この店の裏に機械の巨大版がありました。

味のもととかおりのもとを半分ずつ混ぜてベースを作り、そこに柚子ピールを加えてひとつ完成。もうひとつは高知県黄金生姜を加えて、もうひとつ自分オリジナルの茶を完成させました。

美味しい深蒸し茶とカフェレストラン、特にオリジナルの呈茶ブレンド。県外の方にはもちろん、日本茶に慣れ親しんだ静岡県民にも喜ばれる店です。

まるよ茶屋の情報・購入方法

住所 437-1615 静岡県御前崎市門屋1950-2
ホームページ https://maruyo-chaya.com/
電話番号 0120-04-6089
電子マネー・カード決済 対応済
営業時間 物販9:00~18:00

カフェ・呈茶10:00~17:00
(※ラストオーダーは16:30まで)

定休日 水曜日(4日・14日・24日・祝日は営業)
駐車場 あり
アクセス JR掛川駅北口よりしずてつバス大坂線御前崎行きで、「蒲池」バス停下車すぐ

関連記事