日本平夢テラス

OCHA TIMES
日本平夢テラス

標高300mの丘陵地で360度の「パノラマ展望」を楽しめる茶カフェ

東京五輪のメイン会場となる新国立競技場の設計を手掛ける建築家隈研吾氏による、富士山を望む自然景観と調和した設計です。県産木材をふんだんに使って建築し、
2018年の11月に開館された美しい施設です。ここには世界中からの観光客が沢山訪れます。
日本平夢テラス
1階に日本平の歴史や文化を見ることが出来る「展示エリア」
2階には景色を楽しみながらくつろげる「ラウンジスペース」
3階には「展望フロア」があり、 屋外の展望回廊は、1周約200m、富士山や駿河湾、三保松原など、360度の「パノラマ展望」を望むことが出来る。夜には素晴らしい夜景も見れます。

2階ラウンジスペースの静岡茶を楽しめるカフェ日本平夢テラス。


メニューは日本平限定の煎茶、ほうじ茶、酵素発行茶。軽食はお茶漬けが3種類。お茶漬けが一杯1500円程度です。デザートや抹茶も楽しめます。


これは日本平茶漬け4種盛り合わせとほうじ茶のセット

TEA豚お茶漬けと煎茶のセット


この眺めで食事が出来るというのは本当に贅沢ですが、とにかく人が物凄く多い。世界中から人が来ているので隣の席から韓国語や中国語の会話が聞こえてきたりします。ただ言語は違っても皆スマホをいじっているところは同じです。

テラスの食事処の営業時間は17:00になっていますので景を見ながらの食事はできないようです。

ただ展望テラスは土曜日のみ21時までの夜間利用できます。また、それ以外でも展望回廊や 吟望台は24時間開放されていますので、いつでも夜景を楽しめます。

駿河湾越しに仰ぎ見る富士山、眼下に見える清水港、伊豆半島、南アルプス。

パノラマの絶景を眺めつつ一息つきに来てみてはいかがでしょうか。

以上、編集著による日本平夢テラスレポートでした。

店の情報

住所 〒424-0886
静岡県静岡市清水区草薙600-1
ホームページ https://nihondaira-yume-terrace.jp/
電話番号 054-340-1172
電子マネー・カード決済 対応済
営業時間 営業時間 9:00~17:00
土曜日のみ~21:00詳細はホームページにて確認
定休日 定休日 毎月第2火曜日及び年末(12/26~12/31)
駐車場 あり
アクセス アクセス JR静岡駅からしずてつバス
『日本平ロープウェイ行き』約40分

 

関連記事