富士山まる茂茶園に見るお茶作りの醍醐味と未来に託すお茶の形【静岡県・富士御茶】

OCHA TIMES
富士山まる茂茶園に見るお茶作りの醍醐味と未来に託すお茶の形【静岡県・富士御茶】

富士山南麓に広がる、岳南地域。この地に昭和二年から日本茶を育てる「富士山まる茂茶園」、その五代目・本多茂兵衛さんがいます。本多さんの作るお茶を「富士御茶(ふじおんちゃ)」と呼び、その香味を求めて遠い異国の地から彼のもとを訪れる人も居るほどです。

この記事では、富士山まる茂茶園のお茶の魅力、そして日本茶という文化についてなど、静岡県100銘茶協議会の会長も務める五代目本多茂兵衛さんの考えをインタビューも交えてお送りします。

富士山まる茂茶園とは

「富士山まる茂茶園」は、富士山南麓、岳南の地で昭和二年よりお茶作りに励み続ける「まる茂本多製茶」を母体とする、茶師・五代目本多茂兵衛のお茶を取り扱う会社です。

戦時中より五代に渡ってお茶作りをしてきた本多家は初代が茶栽培、二代目が茶製造、三代目と四代目による技術革新にて品質の更なる向上を遂げ、それらを受け継いだ五代目本多茂兵衛さんが平成27年「富士山まる茂茶園」を創業、現在の代表取締役を務めています。

五代目本多茂兵衛さんは本多の茶の自園・自製・自販に「体験」を加えることで、現代のライフスタイルに寄り添ったお茶の文化の在り方を追求しており、茶事変プロジェクトの主要メンバーでもあります。

富士山まる茂茶園のお茶の紹介

富士山まる茂茶園のお茶は、富士山麓に長く根付いた茶樹ならではの味と香りから「富士御茶(ふじおんちゃ)」と呼ばれています。ここでは、その幾つかをご紹介します。

▲左から、ほうじ茶、煎茶、紅茶

煎茶

その年最初の新芽を丁寧に揉み上げた春の茶。渋味、甘味、滋味の調和のとれた富士御茶の、スタンダードな味わいとなります。

ほうじ茶(高焙煎 丸火~まるび~)

三日三晩焙煎して引き出される甘い香味が特徴のほうじ茶。冷めても美味しい焙煎茶は煮出しても美味しく、またほうじ茶ラテの様にミルクとブレンドしても美味しく楽しめます。

紅茶

春先に製造した紅茶を、次の夏までじっくり熟成させることで丸みにある優しい味わいに変化。香味に仕上げた紅茶はアイスで飲んでも美味しい。

星と桜の玄米茶

抹茶を熱湯で溶かして作るパウダータイプの玄米茶。添え付けのサクサク食感の「玉星あられ」の上に、かわいい「桜あられ」を浮かべた様相は、その名の通り星と桜に彩られた夜空の様に心をほっこりさせます。


インタビュー:五代目本多茂兵衛が未来に託すお茶の形


富士山まる茂茶園代表取締役の五代目本多茂兵衛さんにお話を伺いました。


富士山まる茂茶園のお茶作り

–富士山まる茂茶園のお茶作りについて教えてください。

私はお茶の栽培とは、一つ一つが「意味のある作業の積み重ね」だと思っています。ただ、お茶の栽培を含め農業では多様な生命活動が目に見えない部分で行われているので「何故こうなるのか」が分かりくい。これまでに私は様々な手法を試し、そうして得た結果を比較検証することで「何故こうなるのか」を解明する作業をしてきました。

そして全国各地の沢山の畑を見て周りました。畑という領域はどれも似たように見えるかもしれませんが、実はそれぞれに少しずつコンセプトが異なるのです。一体その違いは何なのか、何のためにあるのかを、ひたすら調べてきました。

–一般的に農業のノウハウというのは、そのように積み重ねるものなのですか?

あくまでもこれは私のやり方であり、他の方はどうか知りません。私がこうした手法を選んだのは、数十年先を行く先達の茶師に5年や10年で追いつきたかったからでもあります。

この手法で辿り着くことの出来る事実は真理ではないかもしれません。ただ私は「お茶の栽培とはどのような事実に基づいて行われているのか、自分の言葉で説明できる茶師」でありたかった。

こうしてノウハウを積み重ねておけば、仮に10年間お茶畑から離れてしまっていても、またお茶作りを再開するときにスムーズに戻れるでしょう?

また誰かがお茶作りを始めたいとした時に、ある程度原理が分かっている人が教えれば、一から始める必要はありません。そうすればきっと新規参入も容易になると思うのです。

私達の作っているお茶というものは、まじないや魔法や奇跡といった偶然の賜物ではなく必然の成果として毎年作られているのだと思います。だから来年も再来年も100年後もそれを欲している人々を幸せに出来る。そこがお茶作りの良いところでもあると思います(笑)

お茶作りの醍醐味とは

–本多さんはお茶をどのように楽しんで欲しいと望んでいるのですか?

感じたままに、お好みで楽しんでいただければと思います。お茶によっては一つの指標として、その年のお茶の楽しみ方を一筆同封することはありますが、私は作り手の押しつけをあまりしたくありません。

ただ、敢えて言うのであれば、皆カップ一杯のお茶を淹れることに神経を集中する割に、その茶がどうやってできているのか、どうやって栽培されているのか、その土は気候はと興味が広がっていかないのはもどかしく、もったいない気持ちになることはあります。

JR東静岡駅の直ぐ目の前、グランシップ広場の隅に「ほうりょく」や「こやにし」という茶の樹があります。グランシップは3年に一度開かれる世界お茶まつりのイベント会場にも使用されているのですが、イベントには万人単位で来ているのに、誰もそこに植えてある茶の樹や種に興味を持たずに素通りしている光景は、私にとってとても印象的でした。

もっとも、そんなことを気にしてお茶を見ているのは、同業者でも数名に限られてしまうのかもしれません。私なんか茶樹の間に転がっていた茶の種を持ち帰り、自宅で栽培して増やしちゃいましたから。ここまで育つのに5年ほどかかりましたよ(笑)

茶園に立つ身としては「お茶の樹や土から一杯の茶に至るまでの過程」が一番の醍醐味なのです(笑)

世界における日本茶の立ち位置とは

▲コロナの影響下でも本多さんはオンライン茶会を開くなど、世界中の人々との交流を絶やさないようにしている

–外国人による日本茶ブームというのをメディアで知ることが多いのですが、実際の所、海外で日本茶というのはどのように捉えられているのでしょうか?

私が感じる限りですが海外の富裕層と呼ばれる方々に関して言えば、国の東西問わず教養深く文化を学ぶことへの意欲が高いようです。富士山まる茂茶園を訪れた際の体験で日本茶の深い部分を知れると非常に感謝されます。

―茶の事が分かった。
―茶の木の成り立ちが分かった。
―学ぶ機会をくれてありがとう、と。
それが海外のVIPと呼ばれる人達です。彼らのニーズに応えることで静岡茶は単なる飲み物ではなく、日本の食文化の一翼を担うものだと捉えていただけます。これは今後の静岡茶、並びに日本茶の立ち位置を決める重要なことだと考えています。

–では、これからの日本茶ビジネスはインバウンドに焦点を当てていけばよいという事でしょうか?

ところがそう簡単にもいかないのです。富士市には大淵笹場という外国人観光客が沢山訪れる場所があるのですが、彼らにはどこが立ち入り禁止の場所かの判断がつかない。ただ畑を踏み荒らすだけで、現地でお金も使う事なく帰ってしまうので経済も潤いません。時期によっては外国人観光客が直接茶農家を訪れても、かえって迷惑になってしまうかもしれません。

そういった問題の解決の為にも、現地が外国人観光客をスムーズに受け入れる態勢を整える必要があります。生産者ならではの特別な体験プログラムを用意する他に、部外者の立ち入り禁止区域について周知徹底するなど、ゾーニングが急務です。

名もなき茶樹に託した未来のお茶と幸せの形

(お茶の生産現場としての茶畑とは別にもう一つ、本多さんは個人で茶栽培をしている小さな畑を持っています。案内していただいたもう一つの畑で現在の日本茶産業について何を考えているのか、お話を伺いました。)

ここは私のもう一つの畑です。山の中に自生している面白そうなお茶を持ってきて、挿し穂による自家増殖で増やしています。

–面白そうな試みですね。ここでは何という品種が栽培されているのですか?

ここのお茶に名前はありません。これから年月をかけて育てて、どういったお茶が作れるのか調べていきます。面白いお茶ができたら名前を付けて品種として独り立ちさせてみてもよいな、と。

富士山の山中に自生する樹の中に、未来の日本茶を支える品種があるかもしれないと思うと今から楽しみです(笑)

–それだと検証結果を出すのに最低でも10年近くはかかると思いますよ。そんなに長い先を見越してやっているのですか?

いいんです。どうせ私は死ぬまでお茶を作るのですから(笑)それにお茶の樹は人間よりも遥かに長寿で軽く100年以上は生きます。現状では、この畑はまだ趣味みたいな規模なのかもしれませんが、これが100年先の未来にはどうなっているでしょうね。

私がいなくなった後も、この茶の樹は生き続ける。いつの日か私の人生とこの茶の樹を原料に、未来の茶師が素晴らしいお茶を生み出してくれるのなら、それが未来を生きる人々にとっての幸せでしょう。

あなたはこの先、OCHATIMESをどうされるのですか。今はまだ会社員をされているのでしょう?

–この先どうなるのかは自分でも分かりません。ただ、自分の人生を切り開きたければ自ら行動を起こすしかない。もうこの国で一億総中流社会は構造として無理があると思いますから。

一億総中流社会とは、誰もが豊かになったと実感できる国になった一方で、伝統文化の衰退をもたらしてきた一面もあるのかもしれませんね。

戦後この国はかつて日本にいた富裕層から資産を取り上げ人々に分け与えたことで、大きく経済成長しました。しかし、それと引き換えに文化を支えてきたハイエンドな富裕層が姿を消してしまった。

そして今や中流社会そのものが地盤沈下しています。この先、日本全体が貧困化するのは避けられないでしょう。

富士の茶の間

それでも私はこの日本という国が好きです。お茶という文化を愛している、だから私は頑張る。これからの時代を生きる子供達が、人生を楽しめる世界を残したい。

私はよく年配の方々にこう言います。私は今、私の孫の世代の為に頑張る。だからあなたたちは、貴方の孫のその更に孫の為に頑張ってほしい、と。未来の日本を生きる子孫達が、興味と好奇心を楽しめるような世界を残しましょう、と。お茶だってそう、楽しく幸せなかたちで繋げていかないとね(笑)

これから先も富士山まる茂茶園では、まだまだ沢山の新しい試みをしていきますよ。今、近くの古民家を借りてお茶体験の場を作っているところです。「ふじおか茶房」と名付けた場所の和室でお茶会を催したり、土間ではお茶造りも行う予定です。

茶園と茶房で体験が完結すれば、工場でお茶の機械が稼働している時期でも、体験の受け入れができる体制が出来ます。将来的には喫茶をしてみても楽しいかもしれませんね(笑)

関連リンク:海と富士山を眺めながら茶樹の神秘に触れる「富士の茶の間」

~富士山まる茂茶園の情報・購入方法・茶園体験の申し込み~

住所 〒417-0841 静岡県富士市富士岡1765
ホームページ

購入方法

茶園体験の申し込み

http://corp.fuji-tea.jp/

(↑富士山まる茂茶園ホームページ)

https://fuji-tea.stores.jp/

(↑オンラインストア。ここから購入できます)

https://chajihen.com/contents/chanoma/fuji-chanoma/

(↑「海と富士山の見える茶園」の体験予約)

instagram https://www.instagram.com/honda_mohei/
電話番号 0545-30-8825
電子マネー・カード決済 クレジットカード対応済み

QRコード決済非対応

営業時間 問い合わせ
定休日 問い合わせ
駐車場 あり(少数台)
アクセス 最寄り駅、新富士駅より車15分

吉原駅より車15分

 

国道1号線富士東インターを降りて北上、県道76号線を北上し、

県道22号線との交差点を直進、坂道手前を右折、赤淵川を渡ってすぐを左折して200m

関連記事