「富士の茶の間」で体感するお茶と 富士山まる茂茶園 五代目茂兵衛の想い(前編) 【静岡県・富士御茶】

OCHA TIMES
「富士の茶の間」で体感するお茶と 富士山まる茂茶園 五代目茂兵衛の想い(前編) 【静岡県・富士御茶】

静岡県の富士山麓の岳南地域に「富士山まる茂茶園」はあります。昭和二年よりこの地で代々茶農家を受け継ぐのは、五代目本多茂兵衛さん。今回、富士山、愛鷹山、駿河湾を一望しながらお茶が愉しめる「富士の茶の間」で取材をさせていただきました。

この記事では、静岡県100銘茶協議会の会長も務める五代目本多茂兵衛さんのお茶への想いや、お茶への哲学について全編インタビューでお伝えしていきます。

「富士の茶の間」で体感する富士山のお茶

「茶の間」とは茶畑に囲まれたテラスを貸し出すサービスです。通称「茶事変プロジェクト」と呼ばれており、静岡県中部地域の観光振興に取り組むDMO(公財)するが企画観光局が手掛けています。現在、静岡には6つの茶の間があり、今回はその1つである「富士の茶の間」にお邪魔しました。

北には「富士山」「愛鷹山」を背負い、南には「駿河湾」を見下ろし心地よい風が吹き抜ける、小高い丘に広がる茶畑。ここに「富士の茶の間」はあります。

「富士の茶の間」のオーナーであり、このプロジェクトの一員でもある、五代目本多茂兵衛さんにお話を伺いました。

—「富士の茶の間」について教えてください。

実はここ、海と富士山の見える茶園の名前でグーグルに「美術館」で登録しているんですよ(笑)
これまでお茶摘み体験の会場として使ってきましたが、ここでお茶が飲めるようになったらもっと素敵だな、と。

そこで、植物・植生をテーマに活動している現代アーティストの山本修路くんと、平成30年の夏に富士山から切り出した「富士ひのき」でこちらの「あずま屋」を作っちゃいました。

名付けて「富士の茶の間」。

また、貸し切りでご利用できるように、自社サイトか、茶事変プロジェクトのサイトでご予約できるようにしました。

—ここは海外の人々も多く来られている場所だと聞いています。

様々な国の方にご利用頂いていますよ。また、例えば、〇〇(国名)ご出身の方には、海の方向を指さして、「あちらの方角に13時間ほど行くと貴方の国ですよ」、とお話しすると感激してくれますよ(笑)さらには、台湾の著名な茶師 張家獻さんも日本茶を学びに来た際、この「茶の間」をご利用されました。

▲本多茂兵衛さん(左)と台湾の茶師 張家獻さん(右)

「茶畑」という新しいフィールドの可能性

「富士の茶の間」を取り囲み、その空間を演出する茶畑。そしてここは、富士山まる茂茶園のお茶の生産収穫の現場でもあり、様々な品種のお茶が栽培されています。

—ここでは、どのような品種のお茶が作られていますか?

品種でいえば沢山の品種が植えてありますよ。この茶の間のまわりにあるのが夏に紅茶を作ると美味しい「さやまかおり」。

奥にあるのが日本一のポピュラーな品種「やぶきた」。

1段高いところが釜炒り茶や白茶、烏龍茶が作れる「めいりょく」。

それに、烏龍茶にすると面白い「さきみどり」。宮崎で開発された品種です。

このように、様々な品種を導入することで、一年中何かしらのお茶の体験が出来るようにしています。寒い時期には、越冬のために糖分を蓄えた硬い葉を使って、ほうじ茶を作ることも可能です。事前に予約をいただければ、手揉みや釜炒りも受け付けますよ。

単純に「お茶」を体験するだけではなく、もっと「茶畑」というフィールドを堪能してほしい。「時間貸し」をしていると、様々な使われ方をされ、嬉しくなります。茶道の先生が野点をしましたし、尺八と琴の演奏も楽しかった。

夏や晩秋にバーベキューや鍋をしたり、それに合うお茶をペアリングしたりします。ヨガやお酒の宴会、焼き芋や燻製も青空の下でワイワイやるのもとても楽しいです。安全管理に気を付けていただければ、お子さんや愛犬をお連れ頂いても大丈夫です。




もちろん「何もしない時間」を過ごしに来る方もいます。特に海外からのゲストは、限られた時間で西に東に慌ただしく移動しているので、その中で必ず30分から1時間、何もしない時間を作ります。

異国の安全な場所で誰にも邪魔をされず、リラックスした時間を経験できる機会を「茶畑」というフィールドを活用して提供したいのです。

▲富士の茶の間から眺める夕暮れの富士山

五代目本多茂兵衛の生み出す「富士御茶」(ふじみちゃ)

本多さんの作るお茶は富士御茶(ふじみちゃ)と呼ばれており、その香味に多くの人々が魅了されています。富士の茶の間で本多茂兵衛さんに呈茶していただきながら、そのお茶作りについてお話を聞かせて頂きました。

これが私の作る富士御茶です。

(本多さんの作った富士御茶を口に含むと、舌を少しだけ淡い刺激が打った後、ほんの一瞬だけ土を噛んでいるような苦みがした。そして甘い香味が幾重も波のように鼻腔に広がっていくのを感じる。余韻は心地よく優しく喉に馴染んだ(※個人の感想です。))

—美味しいです。とても複雑で繊細な味わいですね。

今年は本当に良いお茶ができました。関係者の皆様にも大変好評です。

産地で異なるお茶の味

—何故お茶は産地によって味が異なるのでしょうか?

「お茶」のいう植物は、ピーマン、茄子、トウモロコシのような「単年作物」ではありません。桃や葡萄といった果樹ように「樹」であり、定植してから収穫まで年月をとても長要する「多年性作物」です。「樹」という作物は、長く育てると地中に根を下に横にと這わせます。その範囲はとても深く地表から50センチ以上下まで及びます。

その50センチより下の「地層」から吸い上げられるミネラル分や鉱分といったものが、口に含んだ後の余韻の違いに繋がるのではないかと、私は思っています。分かりやすい例を挙げると、富士川を挟み東西で出来るお茶の味が違います。

こちらの「茶の間」のある富士川の東側の地層が溶岩の岩盤ミネラル、富士川の西側は赤土のミネラルを吸うので、味に違いが出てくるのです。土地毎にお茶の味が変わる理由というのはそういうところにあるのではないか、と思います。産地としての特徴を形成するのはそう言った部分もあるのだと思います。

では、土の表層50センチのというのは全然関係ないのか、というと勿論それも味を構成する部分でしょう。この畑にどんな肥料を、どれだけ入れたのか、それらはどのように効いてきたのか。1煎目の旨味が乗るか乗らないかというのはこの表層50センチの部分で起こります。そこも大きいでしょう。

では、この部分では実際にどのようなことが行われているのか。例えば、ここの畑の「有機質」の量を調べてみたとしましょう。

無ければ「有機質」を入れてあげた方が良いでしょう。逆に「有機質」が沢山あるのであれば、そこに更に有機物を追加してしまうと「有機物の分解」が進まなくなってしまうので、入れない方がいいでしょう。そういったことを「表層50センチの中」で判断しながら人間が手を加えていきます。

実際に行って調べてみると分かると思いますが、静岡県西部の掛川と、東部の富士とでは土質も違います。「有機質」を入れるのか、入れないのかの判断は、土質によっても大きく変わるのです。

例えば、ここ富士の土地は、富士山の火山灰でできた「黒ボク土」。リン酸係数が高く有機物の分解のスピードが少し遅いので、あまり有機物をいれると分解されなくなってしまいます。これがもし掛川の土質であればきっと違う判断をされると思います。

ですから「肥料を入れているから美味しい」とか、そうでないとかいう話ではないのです。どういうコンディションの表層の土壌を作りたいかによって、それぞれの人間がそれぞれの管理方法を選んでいるのです。それが「お茶のキャラクター」を決めていると言ってもよいでしょう。

勿論、肥料の効果は、その年の天候に左右されます。雨が多ければ当然肥料は流亡(流出)し続けてしまう。逆に雨が全くなければ、水分不足で作物に吸収されません。その時、どのような処置を植物に対してしてあげるのか、それは管理している人間が選択しなければならないのです。

お茶作りは魔法でも奇跡でもない

—本多さんは、何故このお茶がこのような香味になるのか、その理由を言語化をして説明してみせることが出来るのですね。どうして説明できるようになろうと思ったのですか?

お茶の栽培をする上で、それぞれの作業には一個一個意味があります。その積み重ねでやるのですが、それらを言語化していくことはあまりないことなのかもしれません。ある程度、それぞれの土地はこうなるという経験則の下で、やっていたりする人が多いのだと思います。それが悪いとは言いません。それがその土地に合った結果でしょうから。考えているから良い悪いではないと思います。

自分が何をするとどうなるかを、分かっていたいと私が思っているだけです。様々な畑も見てきました。それぞれの畑ごとに、ちょっとずつコンセプトが違います。その違いの中で、なぜこうなったのかを考えます。お茶の栽培というのは見えていない部分が沢山あるので、色んなやり方を試したりします。

そういったやり方をすることで、50年経たなければ気付かないことに、私は5年や10年で気づきたかった。真理ではないかもしれないけれど、事実が何に基づいているのかというのを、せめて自分が説明できるように体系化したかった。

そうすることで、例えば10年間お茶畑から離れてしまっていても、またお茶を再開するときにすぐに戻れます。また誰かがお茶を始めたいとする時に、しっかりと理解している人が教えていけば、一から始める必要はありません。こういう時にはこうなる、とある程度原理が分かっていれば新規参入もしやすくなるのでしょう。

とてもエモーショナルな部分での感動をお茶に求めてもらうのは勿論良い事だと思います。しかし、何が美味しくて、何が心地よくて、何が不味くて、渋くて甘くて、というのは突き詰めていくとしっかりと説明出来ると思っています。私達の作っているお茶というのは偶然の賜物ではなく必然の成果として毎年作られているのだと私は思います。

だから来年も再来年も100年後もそれを欲している人々を幸せに出来る。まじないや魔法や奇跡でない。そこが良いですよね。

後編に続く)

~富士山まる茂茶園の情報・購入方法・茶園体験の申し込み~

住所 〒417-0841 静岡県富士市富士岡1765
ホームページ

購入方法

茶園体験の申し込み

http://corp.fuji-tea.jp/

(↑富士山まる茂茶園ホームページ)

https://fuji-tea.stores.jp/

(↑オンラインストア。ここから購入できます)

https://chajihen.com/contents/chanoma/fuji-chanoma/

(↑「海と富士山の見える茶園」の体験予約)

instagram https://www.instagram.com/honda_mohei/
電話番号 0545-30-8825
電子マネー・カード決済 クレジットカード対応済み

QRコード決済非対応

営業時間 問い合わせ
定休日 問い合わせ
駐車場 あり(少数台)
アクセス 最寄り駅、新富士駅より車15分

吉原駅より車15分

 

国道1号線富士東インターを降りて北上、県道76号線を北上し、

県道22号線との交差点を直進、坂道手前を右折、赤淵川を渡ってすぐを左折して200m

関連記事