Leaf Paradise(リーフパラダイス)が伝える急須で淹れるお茶の最高の美味しさ【静岡県・静岡市】

OCHA TIMES
Leaf Paradise(リーフパラダイス)が伝える急須で淹れるお茶の最高の美味しさ【静岡県・静岡市】

お茶の提供の形は、ティーバッグ、ペットボトル、粉末茶など様々。今回紹介するのは、静岡市葵区駒形通りに店を構える急須で淹れるお茶の美味しさにこだわりを持つ日本茶カフェLeaf Paradise(リーフパラダイス)。店主を務める製茶問屋ヤマカ勝山商店代表取締役の勝山喜弘さんが、お客様から注文を受ける度に急須で丁寧にお茶を淹れてくださりお盆に乗せて持ってきてくれます。現役の製茶問屋代表取締役による心のこもったおもてなしを体験できる日本茶カフェです。

この記事では、Leaf Paradise(リーフパラダイス)を開いた理由や急須で淹れるお茶の魅力など、ヤマカ勝山商店代表取締役の勝山喜弘さんのインタビューも交えてお伝えしていきます。

Leaf Paradise(リーフパラダイス)とは

Leaf Paradise(リーフパラダイス)とは静岡市葵区駒形通りに店を構える日本茶カフェです。運営するのは創業80年を超える老舗製茶問屋ヤマカ勝山商店。

若い世代に日本茶の魅力を伝えていく日本茶カフェでありたいとの想いから、若者が入りやすいスタイリッシュな外観になっています。店内は白を基調としつつ木造の温かみある落ち着いた雰囲気。

入口から見て左側に注文を受け付けるカウンターとキッチン。右側の棚にはLeaf Paradise(リーフパラダイス)の運営会社である製茶問屋ヤマカ勝山商店が丹精込めて仕上げたお茶の数々が陳列されています。

棚の1番上の段に陳列しているのはヤマカ勝山商店のイチオシのお茶です。浅蒸し茶、深蒸し茶、玄米茶、ほうじ茶、和紅茶など、どれも1年通して販売されています。

棚の2段目にあるのは、ちょっとした遊び心のあるお茶だそうです。勝山さん曰く「皆さんが知らないだけで、お茶ってこういったものもあるのですよ、というのも紹介していきたい」とのこと。

お茶の紹介文として、お茶の特徴が簡潔な指標で示されたカードが添えらえており、お茶に詳しくなくても分かりやすい。

他に、急須やフィルターインボトルやLeaf Paradise(リーフパラダイス)オリジナル湯呑など、茶器の購入もできます。


Leaf Paradise(リーフパラダイス)のカフェメニュー

Leaf Paradise(リーフパラダイス)で提供しているお茶は製茶問屋ヤマカ勝山商店が丹精込めて仕上げた合組茶(合組とは:様々な産地のお茶を独自の比率で配合し奥行きある香味のお茶に仕上げる茶匠の伝統技術のこと)。

カフェメニューでは、注文を受ける度に店主であり製茶問屋ヤマカ勝山商店代表取締役の勝山喜弘さんが急須で丁寧にお茶を淹れてくださり、お盆に載せて持ってきてくれます。そんなLeaf Paradise(リーフパラダイス)のカフェメニューをここでは少しだけご紹介します。


浅蒸し茶

静岡県の中でも高級茶産地として名高い清水の山間地で栽培された茶葉を更に厳選したものを合組したお茶。山で育まれたお茶がもつ爽やかな香りを感じられる浅蒸し茶です。

Hotのお茶は1煎目を飲み終わった後、お盆に乗っている銀の小プレートを勝山さんに差し出すと2煎目を淹れて持ってきてくれます。お茶の香味が1煎目と2煎目でどう変わるのかを体験できるのも楽しい。Coldはオンザロックで提供するため1煎のみの提供になります。

玄米茶

香ばしい玄米の香りとお茶のもつ自然な甘味が絶妙なバランスで引き立て合う1杯です。碾茶用品種(抹茶に使用される品種の茶葉)の「さみどり」が生み出す重厚感ある緑色の水色が美しい。

和紅茶

もっともポピュラーな品種茶「やぶきた」で作られた和紅茶。渋みが少なく、優しい甘味と芳醇な香りに包まれ華やかな味わいが楽しめます。

ほうじ茶ラテ

静岡県産のほうじ茶に黒蜜ときな粉が加わったほうじ茶ラテ。現役プロの製茶問屋が作り上げた、控えめな甘さの中にほうじ茶の香りがたつ上品な味の1杯です。

手作りもなか

北海道産の小豆と国産きび糖を使用して作り上げた甘さ控えめの手作りもなか。美味しくて安心安全なものを届けたいとの思いから、アイス、お汁粉、あんこなどのサイドメニューは全て手作り。あんこも小豆を炊くところから手作りの心のこもった逸品です。

茶らびもち

わらび粉を水出し煎茶で溶き抹茶を練りこんだ茶らび餅は、毎日手作りの数量限定メニュー。早めに注文しないとすぐに売り切れてしまいます。


和風パフェ

Leaf Paradise(リーフパラダイス)のメニューは、暑い夏は冷たいものが、寒い季節には暖かいものがメインになりますが、この和風パフェに限っては年中通して提供しています。店主イチ押しのスイーツです。

夏限定のかき氷

抹茶ソースのかかったかき氷の上に白玉とあんこがのっている夏限定メニュー。食べ終えた後には不思議な満足感に包まれます。

裏メニュー:今日のわたし~貴方をお茶に見立てるときっとこんなお茶~

Leaf Paradise(リーフパラダイス)には上記のメニュー表には載っていない裏メニューがあります。それが「今日のわたし~貴方をお茶に見立てるときっとこんなお茶~」。

注文時に「今日のわたし」をお願いします、と伝えると勝山さんが長年培った技術と経験をもとに、目の前のお客さんをお茶に見立てると、きっとこんなお茶になるのではないか、とイメージしたお茶を淹れてくださります。

▲OCHATIMES編集長の注文した「今日のわたし」は、さえみどり・あさのか・やぶきたを合組した中蒸し冷茶でした。

勝山さんの目に映る貴方は、一体どのようなお茶になると見られているのか。そんなワクワク感あるメニューに挑戦してみても良いかもしれません。製茶問屋を営む現役プロならではの遊び心満載な楽しい1杯です。

インタビュー:Leaf Paradise(リーフパラダイス)で生産者や農家が飲んでいる美味しいお茶を届けたい

製茶問屋ヤマカ勝山商店代表取締役の勝山喜弘さんにお話を伺いました。


–Leaf Paradise(リーフパラダイス)について教えてください。

私は製茶問屋ヤマカ勝山商店の代表取締役を務めています。昭和10年に設立して以来80年以上に渡って代々お茶作りに取り組んでまいりまして、現在私で4代目になります。

私達が提供しているお茶の美味しさや安心安全は勿論のこと、どのような理念のもとどのような原料が使用され作られているのか、というところまで消費者の皆様にお届けしたいと思い、2019年の4月にこの日本茶カフェLeaf Paradise(リーフパラダイス)をオープンしました。

–Leaf Paradise(リーフパラダイス)をオープンした4月はお茶屋の一番忙しい時期になりますよね。大変だったのではないですか?

茶業の繁盛期と店舗の準備期間が重なって大変でしたが、一刻も早くお茶の魅力を発信したいという想いで乗り切り、なんとか無事にオープンすることができました(笑)

生産家が真剣に作ったお茶に適切な評価を

お茶業界の現状として、2004年あたりから茶価が下がり続けているという問題があります。こうした状況が続くことで、茶農家さんも質より量を作るといった傾向に変わりつつあります。必然的に、私達製茶問屋が取り扱うお茶も単価が安いものが多くなってしまいます。

このままいくと、いつの日か私達は本当にオススメしたいお茶を売ることができなくなってしまうのではないか。私がLeaf Paradise(リーフパラダイス)を開いた理由には、そうした現状を脱却したいという想いもあるのです。

本当に地道な作業ですが、生産家が大切に作った素晴らしいお茶に適切な評価が頂けるように、お茶を最高な形で提供していく事が私達の出来ることだと思っています。

最近では、お茶を飲むとなると粉末茶やティーバッグといった手軽に素早く飲める方向に行ってしまいがちです。しかし、お茶は急須で淹れることで産地の味を活かした最高の一杯になります。

その美味しさを知れば、急須で淹れるお茶の素晴らしさ、リーフ茶の良さに気付いていただけるのではないかと思っています。

急須で淹れるお茶は奇跡的な美味しさの一杯だと伝えたい

私は急須こそがお茶を淹れるのに最も適した茶器であり、急須で淹れたお茶は奇跡の一杯だと思っています。ですから、普段から生産家や農家さんが急須で淹れて飲んでいるお茶はびっくりするくらい美味しいのです。

同じ茶葉でも、少し高めの温度で淹れてみたり、低めの温度で淹れてみたりするだけで味が大きく変化します。それだけでも急須でお茶を淹れるというのは面白い。そうしたお茶の魅力をLeaf Paradise(リーフパラダイス)を通して消費者に伝えていきたいですね。

ちなみに急須でお茶を淹れることが手間だと感じる方もいるそうですが、私自身は急須でお茶を淹れることを手間だと感じたことは一度もありませんよ(笑)

▲勝山さん曰く「急須でお茶を淹れる姿は日本人の所作として美しい」とのこと。

私は一つの商店が盛り上がるのではなく、皆が一緒になって盛り上げていった方が良いと思っています。単一農家さんが提供するシングルオリジンも(シングルオリジンとは:複数産地のお茶をブレンドする合組茶と異なり、単一の産地で作られた単一の品種茶をそのままお茶に仕上げること。合組茶に比べると個性的かつ特徴的な香味が楽しめる)も、私達製茶問屋が仕上げる合組茶の素晴らしさも両方知っていただきたい。

私達問屋業が盛り上がれば茶農家も必ず盛り上がるでしょう!

 ~Leaf Paradise(リーフパラダイス)の情報・購入方法・お茶体験~

住所 〒420-0042静岡市葵区駒形通1-2-8 1F
ホームページ https://www.leaf-paradise2018.com/
SNS instagram
電話番号 054-271-5868
電子マネー・カード決済 現金、paypay
営業時間 11:00~18:30
定休日 不定休(ホームページのカレンダーで確認)
駐車場 なし(近くに有料駐車場有)
アクセス 静岡市役所より徒歩約10分

 

この記事を書いた人 Norikazu Iwamoto
経歴 静岡茶の情報を世界に届ける。を目的としたお茶メディアOCHATIMES(お茶タイムズ)を運営。お茶タイムズが世界お茶祭り、静岡県立大学茶学総合研究センターでリンク紹介。静岡県副県知事と面会。2021静岡県山間100銘茶審査員を務める。地元ラジオやメディアに出演経験あり。

 

英訳担当 Calfo Joshua
経歴 イギリス生まれ育ち、2016年から日本へ移住。静岡県にてアーボリカルチャーを勉強しながら林業や造園を務めています。カルフォフォレストリーを運営。日本の自然を楽しみながら仕事することが毎日の恵み。自然に重点を置く日本の文化に印象を受けて大事にしたいと思ってます。

 

おすすめ記事:

静岡駅周辺のお茶カフェ9選!日本茶とスイーツおすすめ店鋪をご紹介

関連記事