山香荘茶園

OCHA TIMES
山香荘茶園

車でドライブ途中にも気軽に寄れる川根茶農家直売所を経営する茶農家「山香荘茶園 」

静岡県の大井川上流川根本町元藤川の郷で、先祖代々川根茶一筋に茶作りしてきた山香荘茶園。園主である石山貴美夫さんは茶に関して、あらゆる面で安心いただく為に

・日本茶インストラクター認定
・農民芸術・無形文化 お茶の手揉み教師認定
・確かな農業技術 農業改良普及員資格

など様々な資格も精力的に取得。更には皇室への献上茶園指定と献上の記録もあります。

産地直送で高品質な川根茶を適正価格で提供すべく、お茶の生産から製茶加工、通信販売を一貫して行っています。

山香荘茶園の園主石山貴美夫さんにいろいろお話をさせて頂きました。

山香荘茶園の園主石山貴美夫さんが見る日本茶業界の現状

—「最近のお茶業界はどう感じますか?」

石山貴美夫「とても厳しいです。今は急須を持っている人自体が少なくなっています。ペットボトルやティーバックなどのお茶しか飲まれません。」

—「良く聞きます。急須を知らない子供たちまで増えてきていると。」

石山貴美夫「聞いた話では、とある大企業が春の新茶から秋の番茶まで全部一律の値段で買ってしまうことまであるそうです。そうなってしまうと我々農家は質よりも量を作ることでしか生きる道は無くなってしまう。本当に茶業界も変わってしまったのだなぁ、と驚いています。」

石山貴美夫「その昔、江戸時代は米で年貢を納めましたが、ここ川根地方では茶で年貢を納めていたというふうに書いてある文献もあるのです。それくらい川根茶というのは歴史あるものなのです。静岡茶がここまで衰退してしまったのは、我々生産者や販売者からの情報発信が足りないのか、もしくは消費者が望んでいないのかもしれません。とにかく今は茶園の廃業が凄いんです。昔は小さな農家も強い思いでなんとかやっていたけれど、もうそれもいなくなってきました。」

—「私は静岡茶は売っているモノは良いと思うのです。問題はPRの方法だと思います。静岡茶に次いでお茶の産地である鹿児島は、お茶の新興地として勢いがあるじゃないですか。」

石山貴美夫「鹿児島のお茶も、昔静岡の元副知事だった方が鹿児島に行って、鹿児島にお茶の栽培地としての可能性見出し、盛り立てていき、現在のお茶の新興地になって今があるんですよ。鹿児島はなだらかな土地を大規模な農業としてお茶を栽培しています。土を入れ替えて、まっ平らな鹿児島の農地を整備して、機械化し近代化を進めているのです。鹿児島の茶栽培は常に茶農業の先を見据えているように思います。」

—「静岡でも牧之原とか平地の茶栽培がありますよね。傾斜の茶畑と平地の茶畑とで分けて盛り立てていけばよいのではないでしょうか?」

石山貴美夫「静岡は平らな土地でも土地所有者に細かい違いがあるんです。だから鹿児島のように統一が出来ずにいます。川根茶に関しては栽培には傾斜の農地が良いのです。ただ栽培が難しく採れる量も少ないのです。抹茶ブームの今は、てん茶を作る方に多くの農家が流れているのが現状です。抹茶はてん茶を乾燥させて砕いて製造します。煎茶ほどにコストもかかりません。」

時期毎にお茶摘み体験、製茶工場の開放と見学など様々なイベントも行い伝統文化との触れ合いも楽しめる「がんばる茶農家」

石山貴美夫「製茶技術がつきものの煎茶は手もみによって全く違う味になります。昔は茶師という職業が成り立つほど手もみの重要性は高かったのです。その手もみの技がこのように機械化されて現在のこういった作業場が出来ております。」

—「工場見学もさせていただけるんですね。製茶機械をこんなに近くで見たのは初めてです。」

石山貴美夫「こちらはお茶の葉を乾燥させる機械です。基本的に一つの機械が担えるのは一つの手作業のみです。つまり5パターンの手作業があれば5つの機械が必要になります。もともと手作業でやっていたものを機械化したのですが、この機械を発明したのは埼玉の医師の方で、これを皮切りに一気に手作業が機械化するようになりました。この医師の方は茶業界の父と言われています。」

石山貴美夫「基本お茶は毎回収穫によって違う一期一会。人生で採れる茶の収穫の回数も限られていますので、あと何回いろんな茶葉に出会えるのだろうか、と毎回が新しい茶葉との出会いになっています。土によって味が変わるのは、もちろんのこと。茶畑の隅に一本の梅の木があったというだけで、茶の香りや味に変化が加わります。昔は風がひとつ吹くだけで茶の味が変わったと言われています。それほど茶というのは繊細な農作物なのです。」

—「聞いた話なのですが、今は茶商の方々もこのままではいけないと思い茶業低迷の打開策のひとつとしてカフェを経営するようになったという面もあるそうですね。」

石山貴美夫「確かにそういった面もあると思います。いろんな事に手を伸ばしていかなければ、お茶だけではなかなか商いは成り立たないものなのかもしれません。永谷園なんかも昔はお茶屋だったんですよ。お茶をどうにか工夫して売り出そうとして生み出したのがお茶漬けのふりかけです。今や大規模な企業になりました。タミヤも元はお茶屋なんです。タミヤの原点は海外輸出です。それが海外で模型に目を付けて、今や大きな模型の会社になりました。」

—「あのお茶漬けで有名な永谷園やラジコンで有名なタミヤがもとはお茶屋だったのですか。」

古民家を改装し川根茶園喫茶として開放。吹き抜けの家屋の縁側で川根の茶と自然に癒される。

石山貴美夫「山香荘茶園も時期によっては喫茶をやることもあります。古い納屋を改装してそのまま茶屋にしたんです。川根は湿度が高いので、この地域の人達は間取りを吹き抜けにして寝てたのです。昔は茶を飲み哲学を語り生き方を語る茶人という古い人種もいたのですよ。」

—「昔の家は吹き抜けにして風通し良くして暑さを凌いでいたのですよね。歴史を感じます。」

山香荘茶園の自然仕立ての茶畑からは皇室への献上茶園指定と献上の記録もある最高品質の川根茶が生まれる

石山貴美夫「茶栽培には化粧ならしという作業があります。秋に一度そして冬にもう一度これによって茶の性質が変わるのです。もしやらなかったら後の年は大変なことになります。今はその時期になります。」

—「こんなに近くで茶畑をみるのは初めてです。なんか私達が一般にイメージする茶畑と違う気がします。」

石山貴美夫「ここは自然仕立ての栽培になりますので出来る限り自由に育てています。出てくる茶の芽の数が少く、収穫も手摘みで手間もかかりますが、味が良いのです。皇室に献上するものになります。機械で上に出る芽を一気に刈り取る機械仕立ての茶畑は自然仕立てとは違い綺麗に刈り揃えられた葉の中から、多くの茶の芽が生え出して来きます。それを一気に機械で刈り取る為に茶畑の形をかまぼこ状にならしているのです。」

—「かまぼこ状切り仕立てられた茶葉の間から茶の芽だけが顔を出して来て、それを一気に機械で刈り取るのですね。一方で最初に見た自然仕立ての方は、茶葉の間に出てきた茶の芽を手を突っ込んで一枚一枚手摘みで取っていく。自然仕立ての茶畑の方が、出てくる茶の芽の数が少ないけれど、美味いんですよね。」

石山貴美夫「はい、ちなみに両河内と川根では土も水も違うので味が違うのです。川根温泉の下流あたりから土が違っていると言われていますし水質も違います。本山筋は安倍川流域、川根筋は大井川流域。なので両者は風味からして違うのです。」

—「美味しいモノが作られる自然の成り立ちは面白い。こんなに美味しい静岡のお茶が衰退し続けているのは辛いです。私はお茶は文化だと思っています。なんとかしたいです。」

石山貴美夫「おっしゃるとおりです。リーフの静岡茶業の衰退はもう危機的状況です。よろしければ静岡県茶業会議所というところに行ってみてはいかがでしょう。ここが静岡茶業界のトップです。「静岡茶屋」という黒い旗のようなものをみたことはありませんか?あれは静岡の日本茶を普及していこうという静岡県茶業会議所の活動の一環なのです。」

—「静岡茶業界のトップ、そんな組織があるのですか?静岡茶屋の旗もいろいろな場所で見かけました。あれは静岡県茶業会議所のプロジェクトだったのですか。行政もいろいろ考えているんですね。私も微力ながらなんとか静岡茶を盛り上げていきたいです(笑)」

石山貴美夫「今はネットの時代ですからね。私たちはあまりそういったことは詳しくはないのですが。もしお手伝いに参加できるようなことがあれば、是非よろしくお願いします(笑)」


山香荘茶園には時期毎に川根茶のイベントも行っており、有名人の来店も多数。ホームページからその様子が分かります。予約はホームページや電話から出来ます。

イベントに参加するでも、美味しい川根茶を楽しむにも通いやすい「がんばる茶農家」山香荘茶園。茶の成り立ちと繊細な自然に触れて癒される時間をお楽しみください。

以上、編集長による山香荘茶園のレポートでした。

住所 〒428-0311静岡県榛原郡川根本町元藤川17
ホームページ http://www.yamakasho.com/index.html
電話番号 0547-57-2777
電子マネー・カード決済 現金のみ
営業時間 営業時間 9:30〜17:00
定休日 ホームページで確認
駐車場 あり
アクセス 所要時間: 国一バイパス向谷ICより車で約60分
最寄り駅: 大井川鐵道・駿河徳山駅より車で約5分

関連記事